• 253月

    Adobeの画像処理ワークフローソフト「Photoshop Lightroom」の
    体験版が配布されていたので、試してみました。


    アドビ【税込】Photoshop Lightroom 1 日本語版

    主にMac版を使ったのですが、PC版とも操作性は統一されていて、
    しかも製品がハイブリッド版なので、そこは良いですね。

    ただ、ライセンスを見ますと、複数台にインストールすることは可能ですが、
    同時使用は禁止、さらにMacとWindowsは、どちらか一方だけしか
    インストールしてはいけないようです。
    http://www.adobe.com/jp/products/photoshoplightroom/productinfo/faq/

    同時使用は確かにまずいでしょうが、MacとWindowsは双方で使えると
    ありがたかったなぁと思います。

    で、使い勝手のほうですが、基本的にはApertureと同じ考え方に
    基づいたソフトだなぁという印象です。

    大量の画像を管理することも考えられていますし、補正の比較なども
    かんたんに出来て、大量のRAW現像には、Photoshopよりずっと効率的
    でしょう。

    また、RAW現像のパラメータもPhotoshop CS2よりも多く、細かな調整が
    できます。
    レタッチではなく、あくまでも「現像」で仕上げたい方にはLightroomの
    ほうが向いていると思います。
    おまけにお値段もうーんとLightroomのほうが安いんですからね。

    で、実際にPhotoshop CS2とLightroomで現像した例を挙げておきます。

    実画像サイズ 640 x 434 ( 52 kB )
    Exif 情報
    モデル名 PENTAX *ist DS
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/2000 秒 / F 5.6
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 300.0 mm (450 mm)
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 640 x 434 ( 52 kB )
    Exif 情報
    モデル名 PENTAX *ist DS
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/2000 秒 / F 5.6
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 300.0 mm (450 mm)
    全 Exif 情報表示…


    上がPhotoshop CS2、下がLightroomです。
    色温度がちょっと違ってますが、まぁそこも含めて追い込みやすいのが
    Lightroomということで。(^^;

    一見して、CS2のほうが線が太いです。
    Lightroomは線が細く、それでいてちゃんとエッジは途切れていません。

    おそらくCS3相当か、それ以上のエンジンでしょうから、差が付いても
    仕方ないでしょう。

    Apertureとは直接比較しませんでしたが、Photoshopに慣れた方なら
    Lightroomのほうが馴染みやすいでしょう。
    ただ、ソフト単体で評価すると、Apertureのほうがやや軽快で、UIが
    分かりやすいように思いました。


    Apple Aperture 1.5 [MA715J/A]

    私としては、MacではAperture、WindowsならLightroomをオススメする
    といったところではないかと感じました。

    Filed under: PC
    2007/03/25 5:44 pm | Lightroomを試す はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.