• 072月

    音声ファイルのサンプリングレート変換のことを調べていて、
    PC用の高音質なオーディオプレーヤー「Frieve Audio」というソフトを
    見つけました。

    このソフト、PCのCPUパワーをフル活用して、できる限り高音質に
    各種のエフェクトなどを実行できる、なかなか高機能なものになっています。

    特に、内部でのアップサンプリング機能を装備してますから、最近の96kHzなどに
    対応したサウンドボードをお持ちの方なら、手持ちの44.1kHzのMP3ファイルを
    より高品位にリアルタイムに変換しながら再生できます。

    また、「Hyper Sonic Creation」という機能で、単純にアップサンプリング
    するだけでなく、擬似的に高域信号を付加して、聴感上の音質の改善も
    図れちゃいます。

    通常のサウンドドライバだと、若干音が飛んだりしがちのようですが、標準で
    ASIOドライバに対応してますから、対応のサウンドカードをお使いの方は
    こちらを利用すると良いかと思います。

    実際にiTunesと聴き比べてみましたが、MP3臭さが減る気がしました。
    処理によるCPU負荷の関係で、USBオーディオだと、若干、音声が不安定に
    なる傾向はありますが、音質にこだわる方なら、一度試してみる価値は
    あるソフトだと思います。

    Filed under: PC
    2006/02/07 10:24 pm | Frieve Audio はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.