• 062月

    最近はMacもWindowsもGoogle日本語入力を使うことが増えたのですが、
    やっぱり辞書が使いたい場面もありますし、発売されたばかりの
    「ATOK 2010」を導入してみました。

    B00305D9DC ATOK 2010 for Windows [プレミアム] 通常版
    ジャストシステム 2010-02-05

    by G-Tools

    ATOK 2009の設定はすんなり引き継がれますし、使い心地は良いのですが
    あっさりしすぎていて、なんだか実感が薄いのがなぁ。

    以前から気になっていたEvernoteでの表示がちょっとおかしいのも
    変わっていません。
    カーソル位置に入力モードが出なかったり、変換候補の表示位置も
    おかしいんです。
    Evernoteのほうが悪いのかもしれませんが、Google日本語入力では
    問題ないですからねぇ。

    とはいえ、やっぱり類語辞典が使えるというのが大きなメリットかな。
    古いATOK用ですが、セットアップツールでちゃんと引き継がれます。

    角川類語新辞典 for ATOK(NW2) 角川類語新辞典 for ATOK(NW2)

    by G-Tools

    ただ、こういうのもGoogleの得意技ですし、将来、日本語入力に搭載される
    可能性も高いかも。
    でも、それまではATOKも活用してあげたいなぁと思います。

    なお、辞書がない場合はWeb上のシソーラス検索を使うのも結構
    役立ちますよ。
    http://thesaurus.weblio.jp/

    Filed under: PC
    2010/02/06 3:49 pm | ATOK 2010、導入 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.