• 1511月

    以前から気になっているBUFFALOの「どっちもUSBハブ」に(個人的には)待望のセルフパワー対応モデル「BSH5AD0310」シリーズが登場するそうで。

    今もMac miniに付けているUSBハブは全部セルフパワーなんですが、一つにはUSBオーディオ機器がたくさんぶら下がってるというのもあります。
    本来は本体直結が理想なんですけど、比較試聴や外部HDDなどの絡みでハブを使わざるを得ないんですよねぇ。
    すでに10ポートのハブを導入してますが、もう一つのほうが古くなってきたので、抜き差しがしやすい「どっちもUSBハブ」は気になる存在だったんです。

    今回の製品は5ポートで4ポートが上に並び、前面(側面?)に1ポートがある形状。
    底面にはマグネットが付いてるのも今使ってる10ポートのやつによく似ています。
    付属のACアダプタの写真が見当たらないので、容量やサイズがわからないのが難点ですが、手持ちの10ポートのものは5V5Aだったので、こちらはおそらく5V3Aもしくは2.5Aでしょう。

    あとはお値段が気になるところなんですが、まだお店には出てきていないみたい。
    バスパワータイプの5ポートのが1500円前後のようなので、2000円を切るくらいなら良いかなぁという感じです。

    Filed under: PC
    2012/11/15 12:00 pm | どっちもUSBハブにセルフパワーモデル はコメントを受け付けていません

Comments are closed.