• 0712月

    11/21に配送修理で依頼したiPhone 7のバッテリー交換ですが、12/4に戻ってきました。

    前回、バッテリー交換価格が来年から改訂される関係で混雑しているという記事を書きましたが、その直後からはわりと順調に処理されていき、結果的には2週間くらいで戻ってきた形です。
    もちろん普通よりは多少時間が掛かったようですが、進捗が分かれば特に長いほうでもないですね。
    途中も12/1に修理完了が届いて、12/2に発送準備中、12/3も発送準備中のまま、という具合ではありましたけども。
    最初の「梱包箱を発送しました。まもなくお手元に届きます。」のままに比べれば、大して気になることではありません。(多少の嫌味は入ってます。)

    返送もクロネコヤマトさんで、問い合わせ番号も通達されるので受け取りやすいのは良いですね。
    梱包も整備済製品に準ずるくらい丁寧なもので、90日間の修理保証も付いていました。
    それもバッテリーだけではなく、iPhone全体に適用されるようで一種のオーバーホールみたいな扱いなんですね。
    それは安いうちに出しておこうと思う方が多いのも頷けます。

    届いたiPhoneは保護シールが貼られた状態で、中身は当然初期化されていました。
    アクティベーションも再度実施する必要がありましたが、SIMなしでも無事にクリアしてくれました。
    iTunesに暗号化バックアップをしてなかったのでヘルスケアのデータは消えたでしょうが、そこはまぁエクスポートはしておいたので別に良いでしょう。
    ちなみにヘルスケアのデータもバックアップしたい場合はiTunesで暗号化バックアップを取っておく必要があるそうです。

    キレイになって戻ってきたiPhone 7ですが、今のところはあまり目立った出番はありません。
    SIMフリーにして運用してみることもちょっと考えましたけど、必要性があまりないんですよねぇ。
    すっかりiPhone XSでホームボタンがないのに慣れたので、操作を間違える始末ですが、ネットワークオーディオプレーヤーのコントローラにするか、それともやっぱり格安SIM運用するか、もうちょっと考えてみようと思います。

    Filed under: Smartphone
    2018/12/07 12:00 pm | No Comments
  • 0612月

    AUDIO DESIGNからフォノイコライザーを主体としたプリアンプ「DCEQ-1000」が12/10に受注開始されるそうで。

    ちょっと他のオーディオブランドとは違う視点で技術者目線とでも言えるようなテイストの製品が主体だと勝手に思っていますが、今回のはちょっとだけ毛色が違う印象もあります。
    まずお値段が同社としては初の100万円超えという、ハイエンド(この呼び方はキライですが)向けになっています。
    ただし外見を仰々しくしてお高く仕上げたわけではなく、中身を投入した結果のお値段(そんなにたくさんは売れないからという事情もあるでしょうけれども)というところでは立ち位置は変わっていないのかも。
    内部を見るといかにも良質そうなアナログボリュームが目立ちますし、同社らしい設計に仕上がっているなと思います。
    おそらくアルプスのRK50114A0001だと思いますが、これだけで14万円くらいしちゃう代物です。

    また、フォノイコライザーはMCとMMで別々になっているようです。
    MMに電子式連続可変容量回路を装備していてMMもちゃんと重視した設計ですが、MCはRCA接続でもバランス入力受けできるなど、それぞれに面白いフィーチャーを載せてありますね。
    プリアンプと一応書きましたが、実際にはLINE INは1系統のみですから、ホントにもうフォノイコライザーが主体の設計です。
    ここまでやるならボリュームのコストを考えたらプリアンプと分離したほうが良い気もするのですが、むしろラインセレクターを分離すれば良いじゃないか?という考え方なのでしょう。

    もうひとつ目を引くのは正面の液晶モニタでしょう。
    ここにカートリッジの周波数特性やクロストーク成分などの測定結果が表示できるんだそうで、フォノイコを兼ねたカートリッジ計測器のような趣きはまさに同社らしい感じですね。
    ただ、フォノイコ近辺にこうしたディスプレイなどの回路はノイズ源になりそうな気もちょっとしてしまいます。
    その辺りは各アンプごとに独立のGNDを形成した「クリーン・グラウンド電源」というものになっているんだそうです。
    個々に独立電源にしたほうがむしろ簡単なようにも思えますが、そこもこだわりでしょう。

    さらに付属品に「測定用テストレコード」が付いてくるというのがまぁなんとも。
    スペック上の歪率はMMで0.0006%、MCでも0.004%を謳ってありますが、その条件が書かれていません。
    それこそグラフで出してくれればいちばん分かりやすいと思うのですけど、最近の機種は他社も含めて、そうした計測結果が載っていないのが少々残念です。

    Filed under: Audio
    2018/12/06 12:00 pm | No Comments
  • 0512月

    finalのヘッドホン「PANDORA HOPE IV」を入手したばかりですが、「SONOROUS III」も手に入れてみました。

    あちらはリビングで紗羅が使うということになりましたから、今回は私が使うということで。
    IVの50mmφダイナミック型+バランスドアーマチュア型のハイブリッドでしたが、IIIのほうは50mmφダイナミック型のみです。
    ただし振動板がチタンを使ったものになっているというのに惹かれたところもあります。

    まずは動作確認も兼ねてIVと聴き比べてみますが、LUXMAN P-1の残留ノイズがIIIではあまり気になりません。
    まずはそこが一番最初に気づいた違いでした。
    能率としては105dBで同じですが、インピーダンスが16Ω(IVは8Ω)というのが効いてくるのでしょう。

    音傾向としてはIVのほうが低域が深いなと感じます。
    IVはBAがある分、ややドンシャリ傾向はありますが情報量も多く、イヤーパッドも薄手のためか、音がダイレクトな印象があります。
    IIIはイヤーパッドも厚手になっており、整えられたフラット感があり、このシリーズの中ではモニター的な傾向ではあると思います。

    見比べてもらってもパッドの厚さがずいぶん違うのが分かっていただけるかと。
    ちなみにイヤーパッドはIVがA-type、IIIはD-typeとなっています。
    どちらも表面素材は合成皮革ですが、D-Typeはフィルタが3層(A-Typeは1層)になっています。

    今回のは純然たる中古ですので、このイヤーパッドがかなり傷んでいまして、臭いがなかなか取れずに苦労しました。
    だいぶ減りましたけども、最終的には香水で多少ごまかした感じです。
    近日中にイヤーパッド自体を見直そうとは思っています。

    どうしても両者を比較してしまう形になりますが、低域こそやや軽さがあるものの、それぞれの楽器の音色は整えられていてソツのない仕上がりです。
    IVはかなりダイレクトにガシッと緊張感のあるサウンドですけれども、IIIはもう少しリラックス感のある、懐の深いサウンドで楽しませてくれます。
    また、歌い始めの息の音がとてもリアルなのが印象的ですし、音源のノイズなども極めて鮮明に聴き取れます。
    そういう意味でもよりモニター調ではありますが、いわゆるモニターヘッドホンとは方向性が違って、あくまでもSONOROUSシリーズの中では、という注釈付きとはなります。
    じゃあSONOROUSがどういう音なのか?というのはなかなか説明し辛いですけれども、密閉型でありながらも可能な限り広がりのあるサウンドを目指したものだという風に認識しています。

    紗羅にも改めて両方聴いてもらい、穏やかなIIIも捨てがたいようでしたが、やはりあの鮮烈さを体感してしまうとIVだなぁということでした。
    どちらかというとガブリ付きで聴くようなスタイルなので、寝る前に聴くと興奮しちゃうとも言っていましたけどね。
    IIIのほうはそこを少し穏やかにして、自然なまとまりに仕上げてあるように思います。
    音傾向として尖っていない、普遍性の高いものですが、もちろん、finalらしさという良さは失っておらず、スルメ的な魅力がじわじわ効いてくるタイプではないかと。

    どちらがオススメかと言われるとかなり難しいところです。
    finalのダイレクトショップには試聴機セットがラインナップされていて、何台かずつまとめてですけれども有償で10日間借りることができます。
    その金額分はポイント還元されるので、購入前提の試聴であれば実質無料となりますし、気になる方は借りてみるのも面白いのではないかと思います。

    Filed under: Audio
    2018/12/05 12:00 pm | No Comments
  • 0412月

    final audio designのヘッドホン「PANDORA HOPE IV」を導入してみました。

    finalのイヤホンが気に入ってしまい、ヘッドホンも聴いてみたい!となったのでした。
    半分はポイント消化というのもあったのですけどね。

    PANDORA HOPEというのは現行モデルにありませんが、現在の「SONOROUS IV」がほぼ同等のモデルで、2015年に海外での商標権の問題だかで名称変更したみたいです。
    検索してみると私が以前書いた記事に行き当たりましたけどね。

    最も特徴的なのは、50mmダイナミックドライバとバランスド・アーマチュア(BA)ユニットを搭載したハイブリッド型というところでしょう。
    現行のSONOROUSでもハイブリッドなのはVIとIVのみで、その後のモデルはダイナミックのみです。
    ネットワークなどはなく、BAは高域を伸ばす意味合いも多少あるものの、広がりを持たせる目的が強いようです。
    VIとIVの違いは主にハウジングで、VIのほうはステンレスを一部使用してありますが、IVの筐体はABS素材です。

    SONOROUS Xほどではありませんけども、このシリーズは重いことで有名でして、IVも410gほどだとか。
    ただ実際には装着感も良くヘッドバンドも幅が広いおかげか、重さはそれほど感じません。
    むしろB&W P7のほうが重いような気がしたくらいですが、スペックを調べなおしてみるとB&W P7は290gでした。
    私はイヤーパッドが浅いので、耳たぶの下側が少し当たり気味でして、そっちのほうが気になった程度です。

    ケーブルは3.5mmモノラル-3.5mm3極のりケーブル可能なタイプですが、サードパーティからはあまり出ていませんね。
    ヘッドホン本体側に90度ロック機構が付いていることも関係しているのでしょうか。
    純正でシルバーコートが出ていますけども、ヘッドホンの価格を超えてしまうのはまぁ仕方ないところでしょう。
    また、こういう大きめのヘッドホンにしては珍しく3.5mのプラグですし、ケーブル長も1.5mと短めになっています。

    インピーダンスは8Ωなので鳴らしやすいはず…と思いきや、能率があまり良くはないのもあって、結構ボリュームは上がります。
    否、正確には「上げたくなる」が正しいのかもしれません。

    古いモデルながら保管されていたらしく、まずはエージングから進めなくてはいけない感じでしたが、当初から独自の世界観を感じさせるサウンドを展開してくれました。
    とりわけ交響曲が気持ち良く聴けるというのが、ヘッドホンではあまり体験したことのないもので、密閉型とは思えない音場感が構築されるのが印象的です。
    低域も量はむやみに多くはないものの、その深遠さはスゴいものがあります。
    当初はエージングがてら、ボールトの惑星を試聴用に聴いていたのですが、あまりに魅惑的で、ついついそのまま聴き続けてしまったほどです。
    この作品はレコードでも愛聴していますが、なにぶん迫力がスゴイためにボリュームを気にしないと大変なことになってしまいがちです。
    その点、密閉型ヘッドホンなら自分の耳以外の心配はほぼ不要ですし、なおかつスピーカーのような雰囲気で楽しめるのは魅力的です。

    最初はPLENUE Sで聴いていたのですが、これだけのポテンシャルならば!と据え置き環境に切り替えました。
    LUXMAN P-1では当初、残留ノイズが目立っていましたが、いざ再生し始めるとそんなことは置いておいて、とんでもないサウンドに浸ってしまいました。
    オーディオ的にみても帯域も広いし、音の広がりもさらに良くなったのですが、楽器の音色が良く、余韻も取ってつけたようなものではない本物の質感を伴って美しく再現されます。
    「こんな音が入っていたんだ!」と気づくシーンが多々あるのにはちょっと驚いてしまいました。

    特にピアノが絶品で、録音の良し悪しにもよりますが、良好な音源では絶妙な広がりを感じられます。
    とりわけ静寂感と余韻の描写は、いくら暗騒音を減らしたとしてもスピーカーではなかなか実現しづらい表現力を聴かせてくれます。
    また自宅で録音したものを聴いてみても、生では聴こえなかった音、特に低域がしっかり聞き取れるから不思議です。
    いわゆるモニターヘッドホンとは趣を異にする方向性ではあると思いますが、一音ももらさず音楽を楽しむという上では相当優秀なのではないでしょうか。

    ただ前述のように能率が高いとはいえない部分もありつつ、インピーダンスは低いので、アンプでかなり性格が変化する部分もあるのかもしれません。
    ALO audio The International+ Optical Editionではパワーは入るものの、やや粗雑な風合いになり、高域がうるさく感じるところも出ていました。
    今のところ相性が良いのはLUXMAN P-1で、残留ノイズもインターコネクトケーブルの見直しでだいぶ減りました。
    そうした違いまで分かるというのがまたスゴイところでもあるでしょう。

    私は他にもたくさんヘッドホンを持っていますので、同じくfinalが気に入っている紗羅にMojoで聴いてもらったところ、とても気に入ってくれたようなので、今回のPANDORA HOPE IVはリビングで紗羅に使ってもらうことにしました。
    そもそもfinalの音傾向が好きみたいですけども、今回のPANDORA HOPE IVは特にピアノの音色が良いから好きなんだろうと思います。
    それは私も同感なので、たまには聴かせてもらおうと思いますけどね。

    Filed under: Audio
    2018/12/04 12:00 pm | No Comments
  • 0312月

    SENNHEISERからモニターイヤホン「IE 40 PRO」が12/6に国内発売されるそうで。

    海外ではすでに発売されていて、公式オンラインショップで99.95ドルとなっています。
    国内ではオープンプライスで、販売予想価格は13,000円前後ですから、あまり大きな内外価格差はないようですね。
    色はブラックとクリアですが、なんとなく見た目がSHURE SEシリーズっぽく感じてしまいました。

    内容的にもダイナミック一発ですので、SE215シリーズが競合になりそうですけども、さすがにあれも世代的に古くなってきた印象もありますし、イヤホンはここ最近かなり進化傾向(特に低価格帯で顕著)ですからね。
    特に歪みが少なくなった印象が強く、今回の「IE 40 PRO」も全高調波歪率が0.1%以下(1kHz、94dB)とされています。
    HD800Sで0.02%未満、IE800で0.06%以下らしいので、測定条件にもよるでしょうけれどもなかなか優秀なのではないでしょうか。
    簡単には比較できないですけれども、スピーカーだとなかなか出せない値ではあります。

    周波数特性は相変わらず欲張らず、20Hz〜18kHz表記なところは頑固さを感じます。
    なんでもかんでもハイレゾ対応にしちゃうのもどうなのかなぁと思うほうなので、ここは賛同するところです。
    インピーダンスは20Ω、能率も115dB(1kHz/1Vrms)とのことですから、かなり鳴らしやすい部類に入りそうです。

    さらにリケーブルもしっかりハウジング部分でできる構造なのは良いですね。
    ただし毎度のこと、ゼンハイザーは違う端子形状でして、今回も新しいコネクタ形状になっています。
    ケーブルも含めて音決めしているから、あまりリケーブルしてほしくないんですかね?
    それならそれで、発売中のモデルの補修部品をもうちょっと入手しやすくしておいてもらえるとありがたいのですが…。

    付属品はソフトポーチにクリーニングツール、イヤーチップもシリコン(S/M/L)とフォーム(M)と、なかなかしっかりしています。
    ゼンハイザーのイヤーモニターが気になるけど価格的に手を出しづらかった、とか、IE60だとケーブル断線が…という方は試聴してみる価値はありそうですね。

    Filed under: Audio
    2018/12/03 1:30 pm | No Comments
  • 0112月

    iPhone XSに機種変更したところで、これまで使っていたiPhone 7をバッテリー交換してもらうことにしました。
    機種変更した大きな理由のひとつがバッテリーが91%くらいまで劣化していたというのもありましたし。

    近所に持ち込み修理できるところはたぶんないと思いましたから、配送修理に申し込みました。
    11/21に申し込んで11/22にはクロネコヤマトさんが集荷に来てくれました。
    梱包は不要で、本体のみを渡せば良い形でして、その代わり、中身は初期化されて良いようにバックアップし、ケースはもちろん、アクセサリ類は外しておく必要があります。
    保護フィルムも剥がしておいたほうが良いみたいです。

    荷物を追跡してみると11/24には到着しているようで、過去の事例をネットで調べると長くても依頼から9日くらいで戻ってくるらしいのですが、待ってみてもステータスが「梱包箱を発送しました。まもなくお手元に届きます。」から一向に進みません。
    遅れるのは特に大きな問題はないのですけども、ちゃんと受領されたかが気になったのでチャットサポートを29日に受けてみました。
    するとバッテリー交換の駆け込み需要で混雑しているんだとか。
    修理が始まるとステータスが変わるそうですが、これを書いている時点ではまだ「梱包箱を発送しました。まもなくお手元に届きます。」のままですねぇ。


    (12/1 14:54追記)
    ようやくステータスが「お客様の製品を検査しています。」に変わりました。
    まだ「技術者が、問題を診断するため、お客様の製品を調べています。」なので修理着手直前といったところでしょうか。

    たしかに今年の12/31まではiPhone 6以降のモデルの保証対象外交換が3,200円(税別)と安くなっていますから、値上げ前にやっておこうという需要が多かったのでしょうね。
    持ち込み修理では予約すら取れないような状況だとか。
    ちなみに来年1/1移行はiPhone X7,800円、それ以外は5,400円に改定されるそうです。

    一応配送修理ですとまだ申し込み可能だと思いますので、バッテリーがヘタったiPhoneを出そうか迷っている方は早めに申し込んだほうが良いのかも。
    もちろん今お使いの機種だと早く戻ってこないとお困りでしょうから、そういう意味では多少高くなっても来年…という選択肢もあるのかもしれませんけどね。
    戻ってきたらまたご報告したいと思います。

    Filed under: Smartphone
    2018/12/01 12:00 pm | No Comments