• 205月

    NikonのAPS-C用の広角ズームレンズ「AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED」をゲットしてみました。

    いわゆるDXフォーマットで、我が家ですっかり主流になったD600は35mmフルサイズのFXフォーマットですので出番があるかなぁとも思ったのですが、クロッピングでならD600でも使えますし、それでも18-36mm相当と広角ですから持っているレンズとはほぼ被らないかなと。
    画素数としてはDXだと1000万画素クラスになってしまいますけどね。

    最短撮影距離は0.3mですので、まあまあ寄って撮影することができます。
    光学ファインダー上はFX相当で覗く感じになりますが、広角端ではFXだとかなり盛大にケラれる形です。
    そもそもフードがしっかり映り込むので、フードを外して使えばAPS-Cよりは少し広めに撮れるかもしれませんが。

    動作はインナーフォーカスと超音波モーターでなかなか快適です。
    そもそもうちはほとんどのレンズがレンズ内モーターがない古いAFレンズか、MF時代のNikkorですから、この快適で静粛な動作は新鮮です。
    これでフルサイズだったらもっとスゴいでしょうし、「AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR」ならさほど新品の実売価格は買わないのかもですが、中古の実勢はDXがかなり下がっていますからね。

    前玉はフィルタサイズが77mmと広角レンズらしくデッカイですし、フィルタを付けておくべきか悩み中です。
    たぶん77mmのフィルタ自体はありそうな気がしますけど、広角だと厚めのフィルタはケラれることがありますし…。
    そもそももっと撮影をしたいところではあるのですが、そこはまぁぼちぼち撮っていきたいと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2020/05/20 4:30 pm | No Comments
  • 145月

    マキタのレーザー墨出し器「SK11」を入手してみました。

    元々は弟が仕事で使えないかなと思ったのですが、結果的にはレーザーのライン幅がちょっと太かったのでニーズには合わなそうで私が使うことに。
    ちなみにライン幅は10m先で2.5mmほどとのことです。

    内部で振り子といいますか、やじろべえみたいな形になっていて、ある程度水平に置けば水平、垂直(あるいは双方)にレーザーを出してくれます。
    鉛直指示範囲は±2.0°で、それを超えて本体が傾いているとレーザーの照射が止まります。

    上面には簡単な水平器も付いていますし、360°回転できるようになっていたりと、わりと使い勝手は良いです。
    三脚にも装着できるのですが、ネジがどうやら5/8インチのようで、カメラ用三脚に装着する場合は変換アダプタが必要になりそうです。
    なお現在は後継モデルのSK13Pになっていますが、単3電池3本(SK11は2本)になってバッテリー寿命が伸びていますけど機能的には大差なさそうです。

    うちで使うといってもせいぜいオーディオ機器の水平確認くらいですが、一応レコード周りで試してみました。

    やはり若干レーザーの幅が太いので大まかな確認程度でしょうか。
    精度も±2.0°ですし、アーム全体の高さチェックのほうが有用かもしれません。

    ほかにもスピーカーセッティングで水平垂直以外にセンターからの距離を測る上での支点として使ったり、レーザーで基準線を出しておいてそこに動かすといった使い方もできそうです。
    特に後者は一人で作業をする時に目安として分かりやすくなるでしょうね。
    元々のお値段は結構お高いですが、中華系のものなどもありますし、レーザー距離計といっしょに入手してみるのも便利かと思います。

    Filed under: Electronics
    2020/05/14 4:00 pm | No Comments
  • 095月

    自宅で過ごす時間も増えて、動画や音楽を楽しむ方も増えているかもしれません。
    普通だと配信…となるわけですが、これを機にレコードを始める(再開する)のも楽しいかも。

    私が再開したのは2014年なので6年くらい前ですけど、当時に比べるとハードウェアもソフトも少し高めにはなってるでしょうか。
    あまりハードルが高くなっても難しいですから、機材マニアっぽくならず、音盤を楽しむ方向性で気軽な候補を軽くご紹介してみようかと。
    いやまぁ偶然、友人に相談されたので、それをネタにしちゃおうという魂胆なのですけどね。

    まずはレコードを再生するには何が必要か、というのを書き出してみましょう。

    ・レコード
    ・フォノカートリッジ
    ・レコードプレーヤー
    ・フォノイコライザー(MCならMC対応フォノイコあるいはMCトランスも)

    細かいこと言い出すと、やれリード線だ、フォノケーブルだ、トーンアームも…となりますし、ダイレクトドライブ派、ベルトドライブ派などと話は猛烈に発散していきます。
    ただ、意外と重要なのはフォノイコライザーかもしれません。
    というのも最近のオーディオ機器だとフォノイコライザーが内蔵されていないものも多いわけで、そういう場合はフォノイコライザーが内蔵されているレコードプレーヤーを選ぶか、あるいは単体のフォノイコライザーを用意する必要が出てくるためです。
    フォノカートリッジもこだわってMC(MMにはMMの良さがありますが)と言い出すと、さらに選択肢は減っていきます。
    ちなみにレコードプレーヤー内蔵フォノイコライザーはほとんどの場合、MM専用だと思います。

    フォノイコライザーが用意できる、あるいはすでに持っているとなると、プレーヤーは中古が選択肢に入りやすくなりますし、カートリッジもMCを視野に入れて予算配分できるでしょう。
    逆にフォノイコライザーがないのであれば、内蔵機の選択肢が少ない中古より新品のプレーヤーを選ぶほうが安心かも。
    そもそも中古はイヤ!という方も多いとは思いますが、個人的には音質重視なら中古、手軽さやデザイン性を重視するなら新品なのかなという気もします。

    そんな中古も他のオーディオ機器以上に注意点が多いです。
    なにぶんメカニカルなものですし、ダイレクトドライブだと回路部分の故障も意外に多く、買って間もなく高速回転しちゃうようなケースも多々…。
    できれば実物が見れるか、専門店で(できれば多少の保証付きのものを)購入されることをオススメします。

    中古ですと、人気なのはDENON、KENWOOD、Pioneerあたりでしょうか。
    私もDENONとPioneerは持っています。

    PL-30L/50LあたりはIIからはストレートとS字が交換可能になってたりするので、これが双方付属してたりするとお買い得ですね。
    修理体制がわりと維持されているという点ではDENONが良いかもですが、さすがにそれもごく一部のモデルのみになってきていると思われます。
    壊れにくいのはベルトドライブですけど、ベルトの調達に不安がありますし、古い機種が多めになりますからねぇ。

    新品の国内モデルは残念ながら実際はOEMというものが多いのが残念なところです。
    頑張ってるのはTechnicsなので、SL-1500Cに手が届けばオールインワンで(この価格帯の新品としては)最強かもですが、最初のプレーヤーにしてはまだちょっと高価かも。
    TEAC TN-4Dも人気が高く、オールインワンなので良い選択肢でしょう。

    カートリッジに関しては以前はSHUREという定番がありましたが、今は廃番になってしまいましたので、オールインワンならとりあえずはそのままで良いでしょう。
    どうしてもMCカートリッジを…ということになりますと、定番すぎるほどの定番はDENON DL-103ということに。
    ただお値段はプレーヤーが買えてしまうほどになってしまいますし、やっぱり最初はフォノイコライザーやプレーヤーに比重を置いたほうが良いのかもしれません。
    将来的にカートリッジを交換していろいろ楽しみたい方はトーンアームにS字を選んでおけば、自然(?)とたくさん集まってくるはずですし。
    そういう迷いがない方なら、ストレートアームのREGAでシンプルかつオシャレに楽しむのも良いでしょう。

    私のオススメなんて所詮は私の好みでしかないですが、レコード自体はとても奥が深くて楽しめるものだと思います。
    音盤自体は過去の作品に関してはある種、奪い合いのようなものですので、あまり趣味人口を増やしたくないというご意見もありそうですが、音楽の楽しみ方のひとつとしてとても魅力的なメディアですし、個人的には、興味がある方にはぜひ始めてみていただきたいなと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/05/09 3:30 pm | No Comments
  • 085月

    オーディオテクニカからMC/MM両対応のフォノイコライザーの新製品「AT-PEQ30」が5/15(5月下旬に延期されました)に発売だそうで。

    お値段は税抜22,000円と、実売価格では既存の「AT-PEQ20」に近い気がしますが、あえて同じような価格帯で出してきたということは後継モデル的な位置づけなのでしょうか。
    一応、現状は併売されるような感じです。
    見た目はだいぶ違うのですが、スペック上はかなり近い内容です。
    MCの入力インピーダンスが120Ω(PEQ20は100Ω)、MCの入力感度が0.28mV(PEQ20は0.25mV)、MCのゲインが59dB(PEQ20は60dB)ですから、微妙にMC側の回路を変えたのでしょうか。

    そもそもACアダプタが12V/500mAからDC15V/1.2Aとなっていますが、そのわりには消費電力は4.1Wから2.5Wに減っていますし、やや手軽にMC対応させたという方向性なのかな。
    PEQ20は12Vでバッテリー駆動している方も結構いらっしゃったと記憶してますので、15Vだとそこはちょっとやりづらいというのはありますけどね。
    大きさはAT-PEQ20のH44×W105×D135mmという奥行き長めのスタイルから、H47×W197.5×D125.5mmと幅が広くなっていますし、重量も460gから890gと増えているので見た感じは良くなっているかもしれないですね。

    以前はMMのみ対応のTHORENSやCreekのフォノイコライザーを使っていた時期もありましたが、レコードは思った以上にフォノイコライザーの影響が大きいように感じますし、気楽さとどっちを取るかは難しいところです。
    ただまずは気軽にレコードを聴いてみる時にこういう選択肢が残っているというのはありがたいことだなと思います。

    Filed under: Audio
    2020/05/08 3:30 pm | No Comments
  • 075月

    Microsoftから完全ワイヤレスイヤホン「Surface Earbuds」が5/12に発売だそうで。

    AppleもAirPodsやAirPods Proを出していますし、オーディオ各社からもTWSが出ている中でマイクロソフトはどう特色付けるのかが気になるところです。
    最近の流行りでもあるノイズキャンセリングはなく、そのわりには23,980円(税込)とちょっと高めですが、Windows 10との親和性を高める路線なのでしょう。
    まるで直径25mmの丸い円盤が耳から生えてるような感じですが、AirPodsも相変わらずうどんですし、そこはまぁこんなものでしょう。
    ここの面積を大きく取ったのは、タッチ操作だけでなく、スワイプなどのジェスチャーに対応させたためのようです。
    ここでPowerPointの操作もできるそうですけど、プレゼンの際に使いやすいかなぁ。
    シール貼っても動作するなら、ちょっとオシャレな感じになるかもですけど。

    Googleもそうですが、翻訳にも対応させてきたようです。
    ただ、「Microsoft 365のサブスクリプションとアプリのダウンロードが必要」とのことで、それだとハードウェアは単なるマイクでしかないですよねぇ。
    有料になっても良いからアプリ単体で使えるほうがありがたい気もしますが…。

    純粋なイヤホンとしての部分は13.6mm径のドライバーということで、いわゆるダイナミック一発のようです。
    そういえばTWSにはBAやハイブリッド、複数ドライバといったタイプはあまりない印象です。
    耳に入る部分の形状はAirPodsに似ている印象で、そのわりにはシリコンイヤーチップは装着する形のようです。(S/M/Lの3サイズが付属)

    充電ケースを併用する形も他のTWSと変わらず、イヤホン単体で8時間、ケースを併用して24時間の連続再生ができるのもほぼ標準的なスペックでしょう。
    またコーデックはSBCとaptXでAACに非対応ですから、iPhoneで使うには向かないみたいです。
    正直、現状では価格なりの価値が見いだしづらい気もしますけど、Microsoftのハードウェアは意外に良い出来のものが多いですし、今後の展開も注目しておきたいところです。

    Filed under: Audio
    2020/05/07 3:00 pm | No Comments
  • 055月

    こんな時期ではありますが、MacBook Proの13inchモデルに新作が登場するようで。
    予約はすぐに開始され、発送は最上位モデルが5/15、ほかは5/12と現状なっているみたいです。

    いちばん驚いたのはTouch Barがまだ健在なところでしょうか。
    フロントカメラを強化してFace IDという路線もありそうなところですが、マスクが多用される時期でもありますし、Touch IDのほうが便利とも言えるかもしれません。
    私はApple Watchを常用しているので、これで入るのがいちばん楽ちんですけどね。

    MacBook Proを以前導入したのがほぼ3年前のLate 2016 Touch Barモデルだったので、なにか因果なものを感じます。
    結局、思ったほど出番がなく、値崩れする前に手放したのは正解だったかも。
    アレはCore i5の2.9GHzだったんですが、今回のは「第8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ」となっています。
    「Turbo Boost使用時最大3.9GHz」ですし、性能的には倍くらいになってそうです。
    ストレージも最低でも256GB、カスタマイズすれば最大4TBまで増やせるのだからスゴイものです。
    うちのMac Proもせめて512GBくらいにしたいなぁ。

    また、これは単なる噂ではありますが、CPUがiPadなどと共通のARMに移行するのでは?という噂がMacにも流れているのですが、どうやらまだその時期ではなさそうです。
    iPadもどんどん性能向上していますけど、結局はソフトウェアの充実度にもよるわけですし、用途も微妙に違うのでマウスやキーボードをはじめとしたUIも異なるから、CPUは揃えられてもOSやアプリまで簡単に統一!とはいかないのでしょう。

    そんなキーボードが「Magic Keyboard」の名を冠するものになったのも今回の売りのひとつになっています。
    逆に言えばこれまでのキーボードの評判がかなり悪かったとも言えるわけですけどね。
    そもそも「ESCキーがある」というのを堂々と書かれても、それで良いのか?と思う部分はあります。

    私自身はまだデスクトップを使いたい、それもディスプレイ独立の…という懐古主義な立場ですので、あまり惹かれる部分はないのですが、現実的には完成度が高まったモデルになっていることでしょう。
    あとは今年もmacOSが更新されるのか?といったところも気になりますし、逆にFaceTimeやiMessageをWindowsに解放してくれたりしないかなといったソフトウェア部分での展開にも期待したいところです。

    Filed under: Mac
    2020/05/05 1:30 pm | No Comments