• 086月

    X-7

    今日、届いたカメラをもう一つ、ご紹介。
    ミノルタの銀塩一眼レフ、X-7です。

    実画像サイズ 640 x 434 ( 52 kB )
    Exif 情報
    モデル名 PENTAX *ist DS
    ISO 感度 / 露出補正値 800 / 0.0
    露出時間/絞り 1/3 秒 / F 4.5
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 35.0 mm (52 mm)
    全 Exif 情報表示…


    この機種、宮崎美子さんのTV-CMで有名になりましたね。
    ちなみに、ノーマルのシルバーではなく、ブラックは少し割高になってます。
    この頃は、各機種、色によって値段が違ったりすることは、良くあったようです。

    で、この個体も当然ながらジャンク(笑)なのですが、症状としてはシャッター
    チャージ不可とのことでした。
    まずは電池を入れてみると、露出計は動いていますし、この機種独特の
    シャッターのタッチセンサーも機能しています。

    ただ、やはりシャッターは切れないので、軍艦部を分解。
    どうやら接点部分が若干腐食しているのが原因のようでした。
    ということで、無事にシャッターも切れるようになりました。

    とはいえ、もうひとつ問題があって、それはプリズムの腐食。
    これが思いのほか、激しくて、視界の1/3、それも中央部分が遮られている
    状況です。

    プリズムをおろして清掃すれば、かなりきれいになるはずなのですが、なにしろ
    プリズムの上にはフレキシ基板が乗っかってます…。

    以前、紹介した「ジャンクカメラの分解と組み立てに挑戦!」には
    この機種の分解方法が載ってるようなので、今度、ちらっと見てきて、
    自分で手が出せそうな難易度なら、またバラそうかと思います。

    ジャンクカメラの分解と組み立てに挑戦! ジャンクカメラの分解と組み立てに挑戦!
    水滸堂ジャンクカメラ研究室

    by G-Tools

    ちなみに、レンズのほうもカビがありましたが、こちらはいつものように
    前玉を外して清掃したら、きれいになりました。
    とりあえず、SR-T101でレンズは使えるので、良しとしましょうかね。(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2006/06/08 10:29 pm | X-7 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.