• 186月

    いつもお世話になっているお友達さんから、先日電話をもらいまして、
    お父さまがご愛用だったというカメラのことを訊ねられました。

    色々お聞きしますと、どうやらペンタックスの一眼レフ「SFX」のようです。
    お使いになる予定はないそうで、譲って頂けるとのこと。

    PENTAX SFX
    PENTAX SFX posted by (C)MacBS

    このカメラ、世界初のストロボ内蔵一眼レフで、1987年の発売です。
    以後の一眼レフは基本的にストロボが内蔵されるようになります。

    今回出たE-P1は厳密には一眼ではありませんが、今後はストロボ非内蔵の
    機種が増えてくるのかも。
    そういう意味では、色々な変化を経て、また時代は遡りつつあるのかもしれません。

    さて、カメラの状態ですが、最初、どうにもピンボケのような気がしましたが、
    これは視度補正が思いっきり+側になっていたからでした。

    レンズもボディも大変キレイですし、ケースまで付属しています。
    大切に愛用されてきたものなのだなぁと感じます。

    レンズは「Tokina AF ZOOM SD 28-70mm F3.5-4.5 MACRO」です。
    今ではPENTAXとTokinaも同じ会社になってしまいました。
    そう考えると、不思議なものですね。

    貴重なカメラですから、大切に使わせて頂きます。
    ありがとうございます。m(_ _)m

    Filed under: OurCamera
    2009/06/18 8:40 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    ストロボ内蔵の一眼レフカメラって、MF時代に「フジカ:ST-F」と言うレンズ交換ができないものがあり、一時期、欲しくて、中古カメラ店を探しましたが、その時は見つかりませんでした。

    オリンパスはE-P1を「マイクロ一眼」とよんでいますが、あれが一眼でしたら、普通のコンデジも「コンパクト一眼」等と言って欲しいと思っています。本日、秋葉原のヨドバシカメラに行ったら、説明書のみあり、実物を触りたかったら、淡路町にあるオリンパスのショールームに行って欲しい旨が書かれていました。せめて、カタログ位欲しかったのですが。このため、テクニクスのムービー一眼のカタログをもらってきました。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    ST-Fはセディックという会社のOEMらしいという噂があるようですね。
    私も新宿あたりで一度見かけたくらいです。

    一眼の呼称については、確かに誤用ですね。
    とはいえ、一般にはレンズ交換式でスルー画が見られれば、
    一眼とみなされてしまうのかもしれません。

    Panasonicもコンパクトなモデルを出すという噂があります。
    ただ、G1のほうなら、ずいぶん安くなったので、
    これも悪くないかなぁと思います。

    いずれにしろ、私が買うのは中古が出回ってからになりそうですけれど。(^^;

  • shigechan Says:

    こんにちは。

    こちらは早朝もしくは未明からバリバリに雨が降ってますよ。そちらは
    如何?
    この画像を見るととっても綺麗で、新品同様ですね。SFXとかSF7とかの
    登場を横目で見ていましたが、あえてAF機を買う必要性が見いだせず、
    まったく購入意欲がわきませんでした。

    でも外観デザインとしては大きな破綻もなく、今使っても違和感がない
    のは良いですね。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    こちらは曇り気味ですが、雨は降ってないようです。
    湿気はすごくて、汗が染み出してきましたが。

    SFX、とても大事にされていて、大変キレイです。
    AFというのは進化なのですが、いまだに完成には程遠い部分を持っていますからねぇ。
    このあたりは永遠のテーマかもしれません。

    SFXは今でも斬新で良いデザインだと思います。
    PENTAXは今も昔も非常に良心的だなぁと感じることがあります。
    それがシェアに繋がればよいのですが、世の中、難しいものです。