• 131月

    ハードオフのジャンクかごに、コニカのデジタルカメラ「Q-M200」が
    入っていたので、ゲットしてきました。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 38 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1400 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    本体は動作するか不明だったのですが、単3電池3本で動きますし、
    何故かコンパクトフラッシュも16MBのものが挿してあったので、
    これだけで一応、元は取れると思い、購入した次第。

    1999年の発売で211万画素というのは、かなりの高級機だった
    のでしょうね。
    お値段も89800円だったみたいです。

    プリンカムあたりが同じ時期ですから、それを考えると、ちょっと
    アンティークな雰囲気が強いかもしれません。

    単3電池3本で動くのですが、すぐに電池切れ警告が出ます。
    どうやらニッケル水素電池でフル充電とかでないと、厳しいみたい。
    当時はCCDや液晶などの消費電力も大きかったんでしょうね。

    ってことで、あまりまともな写真は撮れてないんですが、室内で
    カメラケースを撮ってみました。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 70 kB )
    Exif 情報
    モデル名 Konica Digital Camera Q-M200
    露出時間/絞り 1/64 秒 / F 3.2
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 6.9 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    いやぁ、カメラが散乱してるのが良く判ります。(^^;
    アクティブ測距は精度良く動いてるみたいですが、コントラスト検出は
    かなり遅くてイライラします。

    まぁ、ヘキサノンのカメラではあるので、電池がフル充電されたら
    外に持ち出してみようかと思ってます。

    Filed under: OurCamera
    2008/01/13 8:28 pm | KONICA Q-M200 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.