• 095月

    みんぽすさんからお借りしたシグマの超広角APSズームレンズ
    10-20mm F3.5 EX DC HSM」が届きました。

    このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「; みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。
    本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。
    レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。
    (唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)
    商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちらみんぽす

    最初のSD14と50mm、24-70mm、そして前回の100mmマクロに続き、
    3回目になります。
    これまではフルサイズでも使えるレンズでしたが、今回は初めての
    APS専用レンズです。

    それだけに広角端は10mmという、とんでもなくワイドなレンズです。
    ちらっと室内で撮ってみましたが、「え?ここまで写るの?」っていう
    感じで、理屈ではわかっていても、ちょっとビックリします。

    手持ちのレンズではα用のTokina 17mm F3.5が一番広角で、あれは
    フルサイズですが、フルサイズ換算でも15mmですから、やっぱり
    ずいぶん印象が違います。
    広角での2mmというのは通常域の10mmくらいの感覚ですからね。

    新しいレンズらしく、インナーフォーカスでHSM搭載ということで
    とても静粛で使いやすい印象です。
    これまでもTokinaやEF 20mmなどを使ってきましたが、単焦点の
    それらにも負けず、歪曲も少なそうな気がします。

    ズームということで、焦点距離を変えるとレンズがぐいっと
    伸びるのかなぁと思ってましたが、その伸縮は1cmもないくらいです。
    上が広角端、下が望遠端ですが、ほとんど違いはないですよね。
    実は16mmくらいが一番短くなるんですけどね。

    フィルタ径は以前お借りしたSIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSMと
    同じで82mmと巨大です。
    手元には結構な数のフィルタがストックしてあるんですけど、最大でも
    77mmなんですよねぇ。

    最初の写真のように、レンズ全体の大きさとしては50mmマクロと
    それほど変わりませんし、前玉もそれほど大きくはありませんが、
    超広角の性質上、ケラレが出ないためには仕方ないのでしょうね。

    全般的なフィーリングは24-70mmに近い感じで、とても質感も良く
    焦点距離のカブリを考えても、この二本を組み合わせて持ち歩くのは
    かなり良い選択なのではないかなぁと感じます。
    あとは実際の撮影で、この超広角がどのように効果を魅せてくれるのかが
    楽しみです。

    関連エントリー:

    Filed under: Mono Fellows
    2010/05/09 1:30 am | SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM 到着編 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.