• 306月

    みんぽすさんから富士フイルムの高倍率ズーム機「X-S1」をお借りしました。

    15447-604-279689

    箱の雰囲気は先日お借りしたX-Pro1にソックリです。
    これまでにも富士フイルムには歴代、高倍率ズームがSシリーズとしてあり、以前もS100FSをお借りしたことがありますし、S8100fdなども所有していますが、それらに比べても高級感があります。
    大きさもどちらかと言うとデジタル一眼レフに近い感じで、α700と比べてもこのとおりの大きさです。

    ただ、レンズは24-624mm相当の26倍ズームと、これだけのレンズがこの大きさに収まっているのは一体型ならではのメリットでしょう。
    さらに非球面レンズが4枚、EDガラスが2枚、多層コーティングの「SUPER EBC」も施されていて、Xシリーズを名乗るだけのことはあるスペックですね。

    デザインはデジタル一眼レフにソックリですが、いわゆるネオ一眼と呼ばれていたものと同様、ファインダーはEVFで、AFもコントラスト検出方式によるものになっています。
    2/3型 EXR CMOSセンサーは像面位相差は採用されていないのはちょっと残念かな。
    今回は外観のみの紹介が中心としますが、AFはやはりちょっと遅いかなと感じる場面がありました。

    再び外観に話を戻しますが、高級感はあるものの、一点気になったことが。
    届いた機種はデモ機だったようで、すでに使用された形跡がありましたが、一眼レフで言うところのペンタ部のところに表面加工のハゲが見受けられました。
    カメラのほとんどの部分がラバーっぽい加工がされていて、これが高級感につながっているものの、ちょっと経年変化に弱そうな気もします。
    DMC-G1などもこういう感じのコーティングでしたが、やっぱり時とともに結構剥げています。
    この機種もそうなるかは分かりませんが、加水分解してベタベタしてきそうな気もして、そこがちょっと心配です。

    次回は個人的に一番気になっている、自慢の望遠域を超解像ズームといっしょに試してみようと思います。

    15447-604-279689

    関連エントリー:

    Filed under: Mono Fellows
    2012/06/30 12:00 pm | FUJIFILM X-S1 レビュー 外観編 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.