• 175月

    DSC-W170」は、みんぽすさんからの借用品です。

    明治神宮の次は、夕方から、なんと!屋形船をチャーターしての
    ご接待です。
    っていうか、私も初めての経験ですから、完全に「お上りさん」状態
    でした。(笑)

    実画像サイズ 640 x 485 ( 41 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSC-W170
    ISO 感度 / 露出補正値 100 / -0.3
    露出時間/絞り 1/160 秒 / F 9.0
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 6.9 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    普通は18時出船とかが多いみたいですが、夕焼けが見えるようにと、
    時間セッティングしたので、ベイブリッジの夕景をしっかり楽しめました。

    船はお台場付近に停泊して、「天ぷらタイム」です。
    しかし、カメラ好きが多かった、今回のお客様はカメラ撮影のほうを
    楽しまれていたようです。

    実画像サイズ 640 x 485 ( 61 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSC-W170
    ISO 感度 / 露出補正値 400 / -0.3
    露出時間/絞り 1/13 秒 / F 3.3
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 5.0 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    っていいますか、私もしっかりお客様側のスタンスになっちゃって
    ました。(笑)
    だって、フジテレビですら、湾側からじっくり見ることなんて、そうそう
    ないですものね。

    その後もあまりに撮影に熱心なので、船長さんが気を利かせて
    帰りに色々寄り道してくれました。
    隅田川を遡ってくれたり、浜離宮に入っていったり、びっくりの連続
    でした。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 63 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSC-W170
    ISO 感度 / 露出補正値 400 / -1.7
    露出時間/絞り 1/4 秒 / F 3.3
    露出補正値 -1.7
    焦点距離 (35mm 換算) 5.0 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    船が走ってるので、さすがに近くの被写体は流れてますが、
    めちゃめちゃ遅いシャッタースピードと船の揺れのわりには
    大健闘(←撮影者ではなく、カメラくんが)だと思います。

    夜の撮影で気になったのは、私は基本的にスローシンクロ以外では
    夜景でストロボは使わないのですが、「夜景&人物」モードは、まさに
    このスローシンクロ専用です。

    このモードの場合、フラッシュのモード変更をしようとすると、
    「フラッシュの操作は無効です」と表示され、変更できません。

    また、遠景の夜景では被写体が遠いので、AFが迷うことも。
    ですので、暗くなってからは、モードを「風景」にして撮ることが
    多かったです。

    とにかく、あっという間の屋形船体験で、その間、お客様の写真や
    夜景を撮りまくりでした。

    手持ちは512MBのメモリスティックDuoが1枚しかないので、
    足りなくなってきて、後半は5Mpixelに落として乗り切りました。

    やっぱり、このカメラくらいの画素数なら、2GBくらいはあったほうが
    便利ですねぇ。

    SanDisk UltraII メモリースティックPRO Duo 2GB 転送速度15MB/Sec SDMSPDH-002G-J61 SanDisk UltraII メモリースティックPRO Duo 2GB 転送速度15MB/Sec SDMSPDH-002G-J61

    by G-Tools

    PSP効果で、ずいぶん安くなってるので、買い足しやすいかと
    思います。
    うちは、その肝心のPSPが行方不明なので、躊躇しちゃうんですけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Mono Fellows
    2008/05/17 9:32 am | DSC-W170といっしょに 屋形船編 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.