• 294月

    iMacのBoot Camp領域に入れてあるWindows VistaをSP1に
    してみました。
    ほとんど使ってないし、必要性はほとんどなかったんですけど、
    だからこそ、人柱になっても大丈夫かなぁと。(^^;

    まずは最新のBoot Camp 2.1をインストールしますが、てっきり
    Mac OS X上からアップデートするのかと思いきやWindows上で
    アップデートするんですね。(^^;

    XP用、Vista 32bit/64bit用のアップデータが用意されていて、
    サイズはVista 32bit用で228MBと、かなり大きかったです。

    それからSP1のインストールになるわけですが、Windows Updateには
    何故か表示されません。
    仕方ないので、ダウンロードセンターから落としてきて、インストール
    しました。
    もしかすると、何かのドライバが対応していないのかも?

    インストールを開始すると1時間くらいで、3回ほどの再起動の後、
    無事、SP1になりました。

    とりあえず動作に不具合があったのは、キーボード設定ソフトの
    KbdApple」がキーボードを認識しなくなったくらいですね。

    動作はとりわけ快適になったというほどでもなく、思った以上に
    代わり映えしない印象です。

    Windowsエクスペリエンスも再計測してみましたが、以前の4.7のまま
    変わらず、でした。

    あわててアップデートする利点もそれほど見受けられませんが、
    これからVistaを入手されるなら、アップデートの手間がないSP1
    適用済みのインストールディスクをゲットされるのが良いかと
    思います。


    Windows Vista Home Premium SP1 32bit 日本語DVD-ROM版
    DSP/OEM+FDD

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2008/04/29 7:24 pm | Windows Vista SP1に はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.