• 306月

    オープンソースなメールソフト「Thunderbird」が5.0にアップデートしていたので、早速更新してみました。

    うちではiMacでThunderbirdを使っていますが、これまでのメールは問題なく移行されました。
    ちょっとだけ使ってるアドオンもほぼOKでしたが、メッセージフィルタがうまく動かなかったのが唯一の不具合かな。
    といっても、移動先のフォルダを見失ってただけで、これを再設定したら問題なく動くようになりましたが。

    主な更新内容はWebサイトにも書かれてますが、私が気になったのは以下のあたりです。

    ・起動を高速化し、各操作に対する応答性も改善
    ・新しい Gecko 5 レンダリングエンジン を搭載
    ・新しいアドオンマネージャを導入
    ・メールアカウント設定ウィザードを刷新し、設定手順を改善
    ・Mac版は32/64 ビット両対応

    起動は確かに速くなりましたし、動作も軽快になった気がします。
    まぁしばらく使ってると重くなるのかもしれませんが。
    64bit対応になったのも大きいのかなぁ。
    ただし、PowerPCはサポート終了のようです。

    ちなみにPCやMacBook AirはOutlook for Mac 2011を使ってます。
    こちらも結構動作はモッサリしているので、今回のアップデートでThunderbirdのほうが有利になった部分もあるかなぁ。

    Thunderbirdとは直接関係ないですが、MacだとWindowsのメールを受信したときに添付ファイルが「winmail.dat」になっちゃうことがあるんですよねぇ。
    Outlookの仕様らしいんですが、Mac版のOutlookでも同じだから、この点ではMSに揃える意味がないという…。
    gmailに転送すれはOKらしいんですが、それも情けないですよねぇ。
    今のところは「TNEF’s enough」という便利なソフトで解決させてもらってます。

    それはともかく、しばらく各機種で違うメーラーを使い分けてみて、不具合が少ないものにいずれは統一しようかなと思います。

    Filed under: Mac
    2011/06/30 9:00 am | Thunderbird 5.0 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.