• 308月

    Snow Leopardそのものは思った以上にあっさり安定動作しているので、
    次は、インストールDVDからWindows 7にBootCampドライバを
    アップデートインストールしてみました。

    DVDを入れると、「Boot Camp 3.0」のインストーラが起動します。
    インストール自体は特に気になるところもなく、あっさり終わりました。

    再起動後、Appleキーボード用に入れた「KbdApple」が一旦認識されなく
    なるので、再インストールする必要がありますが、ちゃんと指示が出るので、
    特に大変な部分はありません。
    なお、KbdAppleをインストールすると、再度、再起動が必要です。

    音声や無線LANなど、何の問題もなく動作していて、特筆するような箇所が
    ないのは、うれしいような、さびしいような…。

    そして、新機能として、これまで読めなかったMacのHFS+のドライブが
    ReadOnlyながらも読めるようになりました。

    これをマウントしたくない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、
    特にそうしたオプションは見あたりませんでした。
    まぁ、ドライブレターを割り当てなければ良いかなぁ。
    できれば、ちゃんとオプションで選択できると良いのですけどね。

    なお、読み込みだけなので、書き込みが必要なら、市販のMacDriveあたりが
    必要になります。

    B002L096S4 MacDrive 8 日本語版
    イーフロンティア 2009-09-18

    by G-Tools

    MacとWindows双方で問題なく読めるとなると、現状はFAT32しかない
    のですが、これはファイルサイズの制限があるし、そろそろ統一フォーマットが
    欲しいところかなぁ。

    そして、早々にMacに戻ってくると、Windowsのシステムディスクの名前が
    「BOOTCAMP」に変わっていました。
    BootCampのドライブがマウントされないようになったという方も
    いらっしゃるようですが、この違いはどこにあるんでしょう?
    もしかすると、MacFUSEやParagon NTFSあたりが影響しているのかな?

    あと、NTFSがらみでは、相変わらず、起動ディスクでWindowsが
    選択できません。
    Paragon NTFS側の問題なのかもしれませんが、やっぱりこのあたりも
    両OSでのサポートフォーマットの問題があるんだなぁと感じています。

    ともあれ、iMac一元化は無事に完結した感じです。
    次に買い足す時もMac miniあたりにしたほうが良いかもしれませんね。


    【送料無料】アップル Mac mini/2GHz Core 2 Duo/1GB/120GB/SuperDrive DL [MB463J/A]【在庫目…

    Filed under: Mac
    2009/08/30 11:18 pm | Snow LeopardでBootCampをアップデート はコメントを受け付けていません

Comments are closed.