• 131月

    Safariで広告をブロックしてくれるプラグイン「Safari Adblocker」が
    1.7にアップデートしています。

    今回の修正項目はおおよそ以下のような感じみたいです。

    ・複数サブスクリプションのサポート
    ・メモリリークの修正
    ・UI関連のバグ/見かけなどの変更
    ・サブスクリプション情報の格納場所変更

    サブスクリプションは以前も書いた通り、デフォルトではかなり厳しい
    ものがチョイスされています。
    1.6の時点で変更しておいた情報も格納場所の変更の影響か、デフォルトに
    戻ってしまいました。
    ということで、ここはさっくり変更しちゃいました。

    個人的にはこの「http://mozilla.gfsolone.com/filtri.txt」あたりが
    オススメかなぁと思っています。

    メモリリークについては、たしかにSafariをずっと使っていると、
    どんどんメモリが減っていっていたので、このプラグインの影響だった
    可能性が高いですね。

    なんとなく最近のバージョンアップがあまり良い印象でなかったので
    今回のバージョンが安定した感じだと良いなぁ。
    その結果次第では使うのをやめちゃうかもしれません。

    Filed under: Mac
    2010/01/13 12:17 pm | Safari Adblocker 1.7 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.