• 111月

    Parallels DesktopがRC版の「Build 3120」にアップデートしていたので
    ダウンロードして試してみました。

    今回はちゃんと起動時に自動的に「Install Parallels Tools」が実行されて、アップデートも
    バッチリうまくいきました。

    画面を最大化した時に、最上行にMac側のメニューが表示される件も修正されています。
    ただ、さきほどインストールしたばかりのMagiCalだけが表示されちゃうのは、どちらが
    悪いのかな?

    で、いつものHDBENCHでの結果を3106と比べてみましょう。

    ALL 79257 (74758)

    Integer 153566 (152735)
    Float 101733 (101639)
    MemoryR 82627 (83293)
    MemoryW 80887 (80580)
    MemoryRW 156962 (157270)
    DirectDraw 30 (31)
    Rectangle 41991 (43347)
    Text 7763 (8194)
    Ellipse 18986 (19776)
    BitBlt 54 (57)
    Read 167320 (118793)
    Write 11944 (14838)
    RRead 185843 (192843)
    RWrite 6946 (8791)

    今回はあまり大きな差はないようですが、ディスクのReadだけがかなり速くなっています。
    Beta1の頃から完成度は高かったですが、これで新たなステップへ向かっていくのかも。

    WindowsのOSさえ用意できるのであれば、とてもおすすめのPCエミュレータに
    仕上がっていると思います。

    Filed under: Mac
    2007/01/11 10:31 pm | Parallels Desktop Build 3120 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.