• 176月

    拙作のMac用起動音制御ユーティリティ「MuteCon」をバージョンアップしました。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/download.htm

    ずいぶん久しぶりのバージョンアップになりますが、実は機能的には
    変わってなかったりします。(爆)

    今回の目玉はXcode 2.1を使って、x86とPowerPCのユニバーサルバイナリに
    しちゃうこと。
    簡単にできるはず、と思ったら、意外に手こずってしまいました。(^^;

    Xcode 2.1をダウンロード&インストールして、コンパイルを通すまでは
    あっという間でした。
    で、PPCとIntelにチェックしてコンパイルしてみますが、どうもファイルサイズに
    変化がありません。

    で、ネットで調べて、MYCOM PC WEBの記事を見てみると、
    Xcodeのインストール時に、カスタムインストールを選ぶ必要があるんだそうで。
    いやぁ、それは気づかないよなぁ。(^^;

    その記事に、出来上がったバイナリがユニバーサルバイナリになってるかどうか
    調べる方法も書いてあったので、「今度こそ!」と試すも、やっぱりダメ。

    ここから、かなり苦労したんですが、結果からいうと、「Project」メニューから
    「Upgrade To Native Target」を選んで、プロジェクトを変換する必要があるみたい。
    おそらく、元ソースがProjectBuilder時代の古いものだったからではないかと。

    「Intel対応は、ほんの2,3分」なんて話もありましたが、やってみると、Xcodeの
    使い方だけで、もっとかかるんじゃない?って感じでした。(^^;

    あと、ずっと0.xxというバージョンナンバーだったんですが、どうもβ版っぽい
    印象が抜けない気がしたので、この際に1.00に「昇格」させちゃいました。
    機能強化もないのに、いい加減ですみませんが、よろしければお使いくださいませ。

    なお、今バージョンから、Mac OS X 10.4 Tiger以降の対応になります。
    それ以前のMac OS Xをお使いの方には、旧バージョンもそのまま配布を
    継続しておりますので、そちらをご利用くださいませ。

    Filed under: Mac
    2005/06/17 1:21 am | MuteCon 1.00 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.