• 2110月

    まだまだ発売は先ですけど、Mac用の新しいOS「Mac OS X Lion」の概要がチラッと発表されました。

    今回のポイントはiPadの要素をMacに、というところのようですね。
    もちろん、これは表面上の部分で、個人的には「Mac App Store」がメインなのではないかという気がしています。
    iTunes Storeへの統合でAppleにも収益をもたらすのでしょうし、それ以上に開発者へのメリットも計り知れませんよね。
    もしかしたら将来的にはWindows上で動作させることだってあり得るのかも。

    また、iPadのようなフルスクリーンで動作するアプリもサポートされるそうですが、開発者としての立場から見たら、iPadとハイブリッドなアプリが作れたら最高だろうなぁ。

    発売は来年の夏の予定だそうですが、まぁ多少は遅れて来年中の登場かな。
    あと、コードネームにネコ科のトップ「Lion」を使ったということはMac OS Xを名乗るのも最後のバージョンかも。
    Mac OS Xも2000年に登場して10年。
    その後はiOSに統合されるのかもしれないなぁと想像してみたりしますが、まだLionすら登場してないんですから、ちょっと気が早すぎかもしれませんね。

    Filed under: Mac
    2010/10/21 9:44 pm | Mac OS X Lion はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.