• 166月

    今回の東京出張のお土産はカメラでもなくオーディオでもなく、Mac miniにしてみました。

    WWDCでの発表もなかったですし、Mountain Lionの無償アップグレードもあるので、今のタイミングしかないなぁと。
    最も廉価な機種ではありますが、これまで使ってきたiMacよりは性能もアップしますしね。

    ちょいとメモリを交換して軽く動作確認を済ませたら、転送アシスタントでiMacの環境を引き継ぐことにしました。
    最初は新規にセットアップしようかとも思いましたが、やっぱりこれが手軽ですしね。
    手軽とはいっても2時間強くらいかかりましたが、LANケーブル直結で実行した影響もあるでしょう。
    FireWireならもっと速いのでしょうが、FireWire800の変換アダプタがなかったので…。

    これでほぼ環境は移行できて、やっぱり移行アシスタントを使って良かったです。
    ユーザー名を変えた関係で、Lightroomなど一部アプリで設定変更が必要だったのと、Officeなどで再アクティベーションが必要だったくらいかな。

    ハードウェア的な部分ではやっぱり速度に余裕がある印象です。
    メモリが増えたから、というのも大きいんでしょうが、それはまた別エントリーで。
    USBのタコ足ハブも本体の端子が4つになったので、少しだけスッキリしました。

    iMacのほうはというと、紗羅のメインパソコンになる予定です。
    こっちまではまだ手が回っていませんが、しばらくは旧環境も残しておかないと心配な部分もあるので、ここから先はぼちぼちセットアップしていこうと思います。
    ライセンス的にこっちにも残したいもの(Paragon NTFSやAudirvana Plusなど)もあるので、その辺りが課題かなぁ。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2012/06/16 9:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は、新機種ご購入、お目出度う御座います。

    USBは知らない内に機材が増えるという感じですね〜。拙宅もディスプレイ裏側と
    その直下にある4ポートハブは完全に埋まっています。

    話が変わりますが、Mountain Lionは拙宅のMacProをサポートする様で、
    何だか安心しました。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    開発機材としても使っているので、Mountain Lionが動く機種はどうしても必須でした。
    USB機器はDDC、HDD2台、カードリーダー、iPhone同期用、キーボードに光学ドライブといった感じです。

    Mountain Lionはそれほど大きな進化でもなさそうですが、メモリ上限が少ない機種が厳しいと判断されたのかも。
    そのうち、Retina対応機種のみ、なんて時代も来るのでしょうね。