• 138月

    先日の準備編は思ったよりも色々と難題が起きましたが、無事にデフラグも
    終わり、パーティションも切れたので、Windows 7をインストールです。

    インストール自体は新規インストールということもあり、30分くらいで終わりです。
    特にひっかかることもなく、あっけないくらいです。

    とりあえずスコアを見てみると、「4.7」でした。
    ゲーム用グラフィックが足を引っ張ってるようですが、まぁこれくらいなら
    十分でしょう。

    Windows 7
    Windows 7 posted by (C)MacBS

    従来のeMachineのVistaは、ここが2.0でしたからねぇ。
    ちなみにCPUなどの項目は5.4くらいで、これもeMachinesの4.1から比べると
    だいぶ良いスコアです。

    気になるディスク消費はOSインストール直後で9GBほどでした。
    これからソフトを入れていくわけですが、色々考えていたら、仕事以外なら
    もうMacでほとんど事足りてしまうんですよね。

    Visual Studioだけはどうにもならないので、これ専用みたいになるかも。
    その程度なら、Parallelsで十分だったかもしれません。

    Parallels Desktop 4.0 For Mac Parallels Desktop 4.0 For Mac

    by G-Tools

    で、まだ外付けHDDが到着していないので、まずは最低限のインストールから
    始めました。
    ウィルス対策ソフトはAvast!を、既定のブラウザはもはや手放せなくなった
    Google Chromeです。
    拙作のMBLaunchも、もちろん入れました。

    そして、肝心なのがBoot Campのドライバです。
    Mac OS X 10.5のインストールディスクから入れようとしますが、どうやら
    これだと、うまくインストールできないようです。

    そこで、以下のWebサイト様を参考に、Patchを当ててインストールしました。
    http://blog.goo.ne.jp/kunihiko1981/e/13c718dca5926729904b8f7a42e84834

    うちのインストールDVDは中身がBoot Camp 2.0だったので、これにパッチを
    あてましたが、これで最新になってるのかな?
    とりあえず、音も出てますし、現状は十分かと。
    そのうち、Appleから正式版が出てくれるのを待ちたいところではありますが。

    また、Apple純正のキーボードが相変わらずWIndowsでは使いづらいので、
    Vistaの時にお世話になったAppleKbWinを入れてみましたが、どうもうまく機能しません。
    管理者権限で実行しないとダメなのかなぁ?

    とりあえずはIMEのキーカスタマイズで回避しました。
    といっても、ひらがなで「IMEオン」、英数で「IMEオフ」にしただけですけれど。

    現状だと、イジェクトキーが使えないし、controlキーもイマイチ押しづらいので、
    なにか回避策を考えたいところです。

    また、いつもPC間のやり取りに使っている「IP Messenger」も、うまく動きませんでした。
    これも調べて、ブロードキャストのアドレスを指定することで回避できました。
    http://d.hatena.ne.jp/mtv/20080627/p1

    あとは、ファイル特急便や「Shuriken 2009」を入れた程度ですが、これで
    最低限のコミュニケーションは取れる感じになったかと。

    今後、良く使うアプリケーションだけを入れて、あとはMac OS Xを主体に
    使っていこうかなぁと思います。
    まぁ、色々クリアしておけば、Windows 7が市販される頃までには、ずいぶん
    スキルも上がっていることでしょう。(^^;

    Filed under: Mac
    2009/08/13 6:02 pm | MacへWindows 7をインストール 本編 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.