• 188月

    このところ、Mac OS Xを使う頻度が上がっていますが、いつものように
    コンパクトフラッシュからRAWやJPEGを、新しく追加した外付けドライブに
    コピー、正確にいうと移動したんです。

    すると、コピーしたはずのJPEGファイルが見あたりません。
    これまでとの違いといえば、HFSではなくNTFSでフォーマットされた
    ドライブだということくらいです。

    RAWは無事にコピーされてたので、こちらから現像してみると、
    これまた現像されたファイルが見えません。

    色々原因を調べてみると、Lightroomで現像して書き出したJPEGが
    隠しファイルになっていました。
    でも、MacからだとNTFSファイル属性はFinderでは操作できないみたい
    なんですよねぇ。

    まぁ、こちらはファイルは残ってるから、まだ良いのですが、CFからの
    コピーはやっぱり消失していました。
    NTFSをMacで使うのは、やはり信頼性の面で厳しいのかなぁ。

    使用頻度を考えると、WindowsでHFSを読み書きできるようにしたほうが
    良いのかも。
    「MacDrive 8」がもうすぐ出るようですし。

    また、今後のファイル消失の危険性を考えて、ファイルは移動せずに
    コピーして、ちゃんとコピーされたのを確認してから削除したほうが
    良さそうです。

    ファイルの復活も「Data Rescue II」を試用して、いざという時は
    これで復旧できそうなので、これも持っておいた方が良いかも。

    B000GCFYEY Data Rescue 2 レギュラー
    アイギーク・インク 2006-07-07

    by G-Tools

    あとはパーティションを2分割して、片方はFAT32にしようかなぁ。
    できれば、MacとWindowsの双方で使える安定したフォーマットが欲しい
    ところです。

    Filed under: Mac
    2009/08/18 1:54 pm | MacでNTFS、ファイル消失!? はコメントを受け付けていません

Comments are closed.