• 104月

    先日、NHKの「今夜も生でさだまさし」をMacの地デジキャプチャ「m2TV」で録画予約しておいたのですが、見事に録画失敗していました。

    もちろん時間変更などがあったわけではなく、m2TVがそもそも立ち上がってなかったんですよねぇ。
    仕方ないので、とりあえずアプリを再インストールしてみました。

    再インストール方法はアプリを削除してOS再起動し、再度アプリをインストールするという手順です。
    録画してあるデータが見られなくなったりしないか心配でしたが、それは大丈夫でした。
    ただ、チャンネルリストもそのままですし、どうもクリーンな再インストールというわけではなさそう。

    実際、再インストールでは何も解決せず、これでも録画はうまくいきません。
    録画時間になってもMacのスリープが解除されないのが問題みたいですが、設定をみてみると「スリープ制御機能拡張を利用する」がオフになっています。
    確かにオンにしたはずでも、再度アプリを起動するとまたオフに。

    そこでいろいろ試行錯誤した結果、「/Library/Preferences/OneTV/OneTVBooster」というファイルを削除して、再度、「スリープ制御機能拡張を利用する」をオンにすると、今度は設定が消えなくなりました。
    どうやらOneTVBoosterという機能拡張のアクセス権あたりが怪しそうです。
    これを見つけるのにシステムログまで見る羽目になりました。

    Macで地デジが見られるのは良いのですが、録画したデータはDVDなどに焼けないし、他のMacでも見られない、他のHDDにすら移動できない、と制限が多すぎですねぇ。
    せめてワンセグデータだけでも他のMacで見られたらなぁ。
    iPhoneやiPadではワンセグが見られるわけですし、そのくらいは許可してほしいものです。

    アプリの完成度もイマイチですが、それでもMac用の地デジキャプチャは選択肢がないですからねぇ。
    Lion対応も心配ですが、ダメなら普通の地デジチューナーをアナログキャプチャ経由でつないでも良いかもしれませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2011/04/10 9:00 am | m2TV、録画失敗 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.