• 234月

    これまで私のメインマシンとして活躍してくれていたiMac 27inch 5K(Late 2014)ですが、少し前からスリープ解除時にディスプレイの真ん中辺りに縦線が出る症状が出始めました。

    解像度を切り替えたり、ログアウトしても治りませんが再起動すると症状が出なくなるので、NVRAMリセットや排気口の掃除などをして様子見しましたが、3日続けて発生した時点でこれはもうハードウェアだなと。
    逆に再現させようにも数時間使った程度ではスリープしても発生しないし、使ってる最中には起こらないんですけど、そのうち症状が悪化していく可能性は大きいでしょう。
    また、縦線から右側部分は像が二重にブレたようになっていて、そこから考えるとGPUから液晶にかけての辺りが原因でしょうか。

    以前から薄々知っていましたが、iMacやMacBookなどではこの縦線の症状、かなり頻発している問題です。
    一部機種ではリコールされていたりしますが、Late 2014の5Kモデルではあまり報告例は挙がっていないように思われます。
    私が購入したのが2016年10月(中古でしたけど)、新品からとしてもまだ3年ちょっと(ちょうどAppleCareが切れたくらいのタイミング…)での故障というのは困ったものです。
    紗羅が使っているiMacは2017年モデルですが、今のAppleCare+は購入から30日以内に入らないとダメなんですよねぇ。

    修理代は調べたところによると5万円前後らしく、Apple Storeに下取り購入についても相談してみましたが、故障した状態だとゼロ査定だとか…。
    MacBook Proで代替することもできますが、仕事道具でもありますし、対策を取らざるを得ませんねぇ。
    ちなみに法人窓口も紹介されましたけど、正直対応がイマイチで使う気にはなれませんでしたし、いっその事Windowsに移行することも考えました。
    ただ仕事との兼ね合いもありますし、Windows機だと環境移行が大変で、お値段もそれなりの性能だとやっぱり結構します。
    筐体も今さらでっかいタワー型もなぁということで、Macの一体型ではないものを検討することに。
    まぁすでに届いているわけですが、それはまた別途書いてみたいと思います。

    Filed under: Mac
    2018/04/23 12:00 pm | iMacに縦線 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.