• 1512月

    Macは基本的にスリープにしたままで、OSを終了することは少ないのですが、
    ずっと使っていると、自然にメモリが減ってしまいます。

    ある程度は仕方ないのですが、Snow Leopardになってからなのか、
    それとも何かのプラグインなどの関係なのかは不明ですけど、Safariが
    どんどんメモリを消費してしまう傾向があるんですよねぇ。

    起動直後は60MBほどなんですが、使っていくと300MB、もっとひどくなると
    1GB近くまで浪費することもあるくらいです。
    Safari以外もその傾向は多少あって、起動直後は2GB近くあった空きメモリも
    放っておくと500MBを切ることもしばしば。
    常時起動してあるのはSafariとBluebird、Evernoteくらいなんですけどねぇ。

    ということで、説明が長くなりましたが、メモリ開放系のアプリを
    探索してみました。
    ちょうどバージョンアップが通知されていた「iFreeMem」から試します。

    iFreeMem
    iFreeMem posted by (C)MacBS

    シェアウェアですが、効果は非常に高いと評判のようです。
    とりあえず試用できるので試してみると、1GBを切る状態からでも
    2GB以上の空きが確保できるなど、効果は絶大。

    ただ、ディスクスワップに移行しているだけという傾向も多少あるので、
    その後しばらくは各アプリ使用でディスクアクセスが増え、それが
    おさまると、1.8GBくらいで落ち着くようですけどね。

    Libera Memoryのほうはフリーで、以前からちょくちょく使ってますが、
    iFreeMemほど、劇的ではないようです。
    数百MBくらいを広げる印象ですが、無理をしていない分、安定性では
    上をいってるかもしれません。

    なお、「Libera Memory」は常駐して自動解放してくれるバージョンも
    ありますが、個人的にはあまり効果を体感できなかったので、今は
    使っていません。

    まぁ、いちばん簡単なのはOSやSafariの再起動なのかもしれませんが、
    そうもいかない場面も結構あるかと思いますので、これらのメモリ解放系の
    アプリの出番も結構あるのではないかと。

    最後に余談ですが、メモリを「かいほう」するという場合の漢字は
    本来は「解放」(Release)が正しいかと思います。
    Googleで検索すると「もしかして開放?」と言われるので、ちょっと
    不安になってしまいました。(^^;
    まぁ、今はどちらも半々くらいに使われてるようですけどね。

    Filed under: Mac
    2009/12/15 3:05 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は。
    家ではiFreeMemを使っています。3.0/Snow Leopardの組み合わせでは
    少し鈍臭いかなと感じましたが、3.5ですとキビキビ動くようですね。
    OSも含めてメモリーのOptimizeが出来るので、パソコン使用中に適宜
    利用しています。

    それから解放ですよね〜。これが正しいと思います。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    iFreeMem、お使いだったんですね。
    今も残りメモリが400MBくらいになってるようです。
    そもそも、こうならないようにしたいのですけどねぇ。

    Safariが起因しているっぽいので、Chromeがもう少し安定版になったら
    乗り換えてみようかなぁと思っているところです。