• 058月

    だいぶ前に導入したMac用の地デジキャプチャユニット、m2TVこと、「GV-MACTV」ですが、我が家ではLionにしてからも視聴に問題なく動作しています。
    世間の情報を見ると、そもそも動作しないとか、カーネルパニックが多発しているというのを見かけるんですが、うちのiMacでは32bitカーネルしか動かないことも関係しているのかもしれませんね。
    カーネルパニックも今のところ、Lionにしてからは発生していません。
    Snow Leopardの時もごく数回ほど発生した程度ですが。

    ただ、録画データを視聴中に一瞬固まる現象が多発します。
    そこで途切れるわけではなく、ほんの少し戻って、その後なにもなかったかのようにそのまま再生が継続するんですよねぇ。
    必ず起きるというわけではないんですが、起きる時は数十秒ごとに起こるという感じです。
    他のアプリをすべて終了していても同じなので、この辺りがLionにちゃんと対応できていないことに起因しているのかも。

    Sophos Anti-Virusは常時動いてますから、その影響を受けている可能性もありますし、フルスクリーンにしてないと発生頻度が減るような気もしますが、これはぜひ解決してほしいところ。

    そう思っていたら、珍しく(?)速く対応予定のニュースが。
    8月下旬に対応バージョンが出る予定なんだとか。
    相変わらず、32ビットモードのみの対応になる予定らしいですし、データ放送に非対応となるそうですが、うちで使う分には問題なしかな。
    贅沢を言うなら、ダビング対応とか、別のMacでのリモート再生にも対応してほしいですが、そこまで望むのはちょっと無理かなぁ。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2011/08/05 9:00 am | GV-MACTVのLion対応状況 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.