• 299月

    我が家のMacでは、もはや欠かせない存在になった状態通知アプリ
    Growl」が1.2にバージョンアップしています。

    色々なアプリがGrowlに対応していて、これを通じて、更新情報などを
    通知してくれるわけですが、ある意味、これに惹かれてMacを使う
    時間が増えたといっても過言ではないかも。

    Windowsでもトレイアイコンから通知を表示することができるんですが、
    これは便利というより、何故か、むしろ「うざい」と感じることが
    多いんですよね。

    この差はなんなんだろう?と思うわけですが、おそらく表示の消え方と
    タイミングなのかも。
    うちは表示スタイルをSmoke、表示時間を5秒にしてありますが、
    色々とカスタマイズ可能なのも良いのかもしれません。

    標準で対応するアプリも増えていますが、FireFoxやThunderbirdでは
    Growl Notifications」というアドインを使っています。

    なお、Growl表示の設定はシステム環境設定の「Growl」パネルで
    一括管理されます。
    かなり細かい設定もできるので、この機会に色々と設定をいじってみても
    良いかもしれませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2009/09/29 4:37 pm | Growl 1.2 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.