• 059月

    Snow Leopardにしてから、定期的にExposéが効かなくなる現象が
    起こるようになりました。

    そもそも、これまではExposéの動作をLogicoolのマウス「MX Revolution」の
    サムホイールの前後に割り当てていたんですが、Snow Leopardになってから
    このキーアサインが効かなくなりました。

    そこで、無理矢理ファンクションキーのキーアサインを割り当てていて、
    普段はこれで動作してるんです。
    でも、何かの拍子に効かなくなるんですよねぇ。
    そうなってしまうと、マウスはもちろん、ファンクションキーでもダメです。

    色々調べた結果、Dockを再起動すると治ることがわかりました。
    コンソールから「killall Dock」を打っても良いのですが、ちょっと面倒
    だったので、Apple Scriptを作っておきました。
    といっても、以下の1行だけですけれど。

    do shell script “killall Dock”

    Dockの”D”が大文字なので、そこが注意点くらいかな。
    どれが本来の原因かはわかりませんが、早く治って欲しいところです。

    Logicoolも対応待ちですが、マウス自体は快適ですよ。

    B000I0S6Y4 ロジクール MX レボリューション MX-R
    ロジクール 2006-09-15

    by G-Tools

    Filed under: Mac
    2009/09/05 10:14 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • lonestar Says:

    ボクもたまにExposeが効かなくなります!
    多機能マウス使ってるからなのかな?
    って思ってましたが、
    Dockを再起動ですかー!

  • MacBS Says:

    lonestarさん、コメントありがとうございます。

    今回からDockのアイコン長押しでアプリ内のExposeが
    出来るようになったことが影響しているのかもしれませんね。

    とりあえず、メニューバーにAppleスクリプトのアイコンを
    配置しておいたので、いつでも気軽に再起動できて
    便利です。