• 074月

    Intel版MacでWindows XPなどのOSが動作できるようにする
    Apple純正のソフト「Boot Camp」のベータ版が公開されたことで、
    Macユーザーの方の中にも「Windowsも一応、入れてみようかなぁ」
    という人が多いのではないかと。

    とはいえ、正規版を買うとなると、2万円以上の出費になってしまい、
    正直、ちょっとお高いと感じる方も多いのではないでしょうか。

    そこで、Windowsゲットには裏技が存在するんです。
    もちろん、違法な手段ではなく、ちゃんとした正規版の購入です。

    自作機をお使いの方なら誰でもご存じだと思いますが、OEM版の
    存在です。

    PCIサウンドボード WindowsXP Home Edition SP2 日本語版ハンドルセット
    PCIサウンドボード WindowsXP Home Edition SP2 日本語版ハンドルセット

    OEM版は、AT互換機のパーツといっしょに購入できるもので、
    HDDやマザーボードなどのパーツといっしょに買えば、1万円台前半で
    OSを購入できるんです。

    (13:03追記)
    ---
    ただ、厳密なライセンスからいけば、購入したパーツを組み込んだPCにのみ
    インストールして良いということなので、そういう意味ではMacに増設する
    メモリといっしょに購入するのが、一番良いかもしれません。

    【マイクロソフト】Windows XP Home Edition OEM版
    【マイクロソフト】Windows XP Home Edition OEM版

    ---

    ってことで、Intel Macをお使いの方は、ぜひこの方法でWindows XPを
    ゲットされてみてはいかがでしょうか?

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2006/04/07 12:48 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • 頭文字S Says:

    はじめまして。タイトルに惹かれて立ち寄りました。
    なるほど! その手がありましたか。有益な情報ありがとうございます。
     ただ、仕事では Win 使いですが、生粋のマック派なのでデュアルブ
    ートを将来するかどうかはいまのところ未定です。Vista の起動も可
    能性が高い(とくに正式版では)そうですが、そのときにはウィルス感
    染も少なそうなのでまた考え直すことにします。(そのときにはこの情
    報を遠慮なく活用させていただきます。) っていうか、何より intelMac
    を買う(予定はあっても)資金がありません。次は是非「intelMac を安
    く欲しい方へ」の記事をお願いします(笑)。

  • MacBS Says:

    頭文字Sさん、コメントありがとうございます。

    他のサイトさんを巡っていると、「XPは高い」という
    ご意見が多かったようなので、書いてみました。
    参考にしていただければ何よりです。

    私も仕事でWinを使い、家では両刀使いです。
    MSもサポートしそうな感じですから、Vistaの時代になったら
    確実にIntel Macですね。
    会社でも買ってほしいくらいです。(笑)

    ウィルスについては、VistaになってもMSのことですから、
    対策は必要かと。
    幸い、無料や格安のウィルス対策ソフトもありますし、
    Windowsではぜひ対策をされることをオススメします。

    ちなみに、Mac本体を買う資金がないのは、
    私も全く同じであります。
    ほんとは開発&テスト環境に欲しいんですけどねぇ。

    安く買う方法は、とりあえず学生や公務員になる、っていう手はありますよ。
    Apple Storeで割引で買えますからね。
    ソフトもアカデミックパックが買えて、両得かも。