• 0411月

    Mac用の高音質オーディオプレーヤーソフト「Audirvana Plus」のβ版、1.3.9.10が登場していたので試してみました。

    今回の修正項目は以下のとおりとのこと。

    ・Direct Modeの安定性向上
    ・再生中にスクリーンセーバーの動作を許可(スリープはしない)
    ・Mountain LionでのAirPlayのチャンネル入れ替えバグを回避
    ・その他、バグ修正
    ・音質向上のための改良

    ベータ版はずっとDirect Mode対応に取り組んでくれていますが、なかなか正式版にたどり着きませんねぇ。
    今回のバージョンも不具合情報を結構見かけていますが、うちのX-DDCではとりあえず大きな問題はなく動作しているようです。

    正式版と聴き比べてみると、やっぱり純度が上がってる印象はあるんですよね。
    高域の透明感がベール一枚分くらい違うような感覚という感じで。
    ただ、アップサンプリングをオンにした時のような人工的な感じも多少ありますし、そもそも安定して動作してくれないことには常用できないというのが辛いところです。

    iTunesのバージョンアップも控えていて、こちらの音質向上もありそうですし、iTunes Storeがハイレゾ音源にも対応するかも!?という噂もチラホラ出ているようですから、それを迎え撃つようにさらに高みを目指してほしいところです。

    Filed under: Mac
    2012/11/04 12:00 pm | Audirvana Plus Beta 1.3.9.10 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.