• 0912月

    Apple謹製のRAW現像ソフト「Aperture」が3.2.2にバージョンアップしています。

    いつものようにソフトウェアアップデートからの更新ですが、App Store Aperture - Appleで購入された方はそっちからも更新できるのかな?
    修正内容は以下の通りとのこと。

    ・iCloudおよびiOS 5との互換性の問題を修正しました
    ・写真のトリミング中に“読み込み中”インジケータがビューアに再表示される問題を修正しました
    ・前回のアプリケーションの終了時にフルスクリーンモードだった場合、再起動すると自動的にフルスクリーンモードになります
    ・「ピンチしてズーム」のジェスチャを使うと、ビューアの“拡大/縮小”モードが自動的に有効になります
    ・左右にスワイプするジェスチャを使って、ビューアで写真間を移動できるようになりました
    ・“環境設定”で、写真を送信するメールアプリケーションに Microsoft Outlook を選択できるようになりました
    ・OS X Lion で実行している場合、ブラシで調整しているときに予期せず終了する問題を修正しました
    ・ルーペの50~100%の拡大率が正しく表示されるようになりました
    ・OS X Lion で実行している場合、外部編集したイメージのカラープロファイルが間違って表示される問題を修正しました
    ・Apertureに読み込んだ写真をiPhoneおよびiPadから削除するオプションを“読み込み”ウインドウに追加しました
    ・“分割表示”モードおよび“ビューア”のみのモードで、“リフトとスタンプ”ツールのカーソルが正しく表示されるようになりました

    全般的にはバグ修正という感じですね。
    出た当時は結構バグが多くて、これは厳しいなぁというのが正直な感想だったのですが、もうだいぶ落ち着いたでしょう。
    その間に私はすっかりLightroom 3オンリーになってしまいましたが。

    あと、App Storeに安く出たことで、次バージョンもぼちぼちかなぁと思いましたけど、そちらの影もまだ見えてきません。
    Appleらしい差別化ができないと、革新的なニューバージョンとはならないのかな?
    実際には下手にバージョンアップするよりも堅実に使い勝手が良いのが便利だと思いますけどね。

    Lightroomのほうも3が相当安くなってますが、こちらも4の噂はそれほどないですねぇ。
    うちのiMacだと3でもメモリとCPUの処理能力が厳しい感じなので、現状のままいくか、その時に再びApertureに戻る可能性もあるかも。
    操作に慣れておくようにまたちょっとApertureを使ってみようかな。

    Filed under: Mac
    2011/12/09 8:00 pm | Aperture 3.2.2 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.