• 273月

    Apple謹製のRAW現像ワークフローソフト「Aperture 3」が
    3.0.2にアップデートしています。

    今回の修正項目は以下のとおりだそうです。

    ・Aperture 1.x および 2.x ライブラリのアップグレード
    ・iPhotoまたは以前のApertureからのライブラリの読み込み
    ・階層化された写真フォルダのライブラリへの読み込み
    ・“人々”での名前の追加および一致の確認
    ・“人々”のコルクボード上のスナップショットの並べ替え
    ・プリントプリセットの作成と保存
    ・メタデータプリセットの複製
    ・カーブ、傾き補正、レタッチを使用した調整
    ・ビューア内でのスクロールを使った写真の操作
    ・XMPサイドカーファイルからのGPSデータなどの読み込み
    ・IPTC メタデータの互換性
    ・Aperture のゴミ箱を空にしたときの写真の削除
    ・バージョンおよびライブラリの書き出し

    いろいろと並んでいますが、うちの環境で発生する調整ブラシで
    修正する際の描画崩れは、今回も変化なしでした。
    以前も書きましたが、HUDとの兼ね合いっぽいんですけどねぇ。
    もしかすると、うちのハードウェアなりOSなりの問題なのかも。

    動作はだいぶ軽くなってるので、できればAperture3を積極的に
    使いたいんですけどねぇ。
    Lightroom3の正式版が出るまでに解決するかどうかで次期環境を
    考えたいと思っています。

    Filed under: Mac
    2010/03/27 7:27 pm | Aperture 3.0.2 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.