• 313月

    Apple謹製のRAW現像ワークフローソフト「Aperture」が2.1に
    バージョンアップしています。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2008/03/31/8224.html

    B00141LHLU Aperture 2
    アップルコンピュータ 2008-02-29

    by G-Tools

    主な変更点は以下のような感じだそうです。

    ・「覆い焼きと焼き込み」プラグインの追加
    ・マルチタッチトラックパッド対応
    ・「トリミングHUD」の「縦横比を変更」の修正
    ・「マップ上に表示」コマンドを修正
    ・セカンダリディスプレイでのツールバー表示対応
    ・ブックテーマに「スナップ」を追加
    ・「調整」でデフォルト設定値の指定が可能に
    ・マスターファイルからEXIF情報のアップデート機能を追加
    ・イメージの反転機能を追加
    ・ビネット調整の適応量を拡張
    ・ブックをPDFとして保存可能に
    ・外部エディタへの書き出し時に、TIFF/PSDファイルに対応
    ・AppleScriptの拡張

    普段使いでは特に大きな差はありませんが、覆い焼きや焼き込みが
    できるようになったのは、レタッチソフトに頼らなくて済む場面が
    増えるかもしれませんね。

    最近はLightroomを使うようになったので、せっかくなので比較
    してみることにしました。
    といっても、各ソフトで好き勝手にパラメータをいじってるので、
    難の比較根拠もないんですけどね。(^^;

    まずは、Lightroomの仕上がりです。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 83 kB )
    Exif 情報
    モデル名 ALPHA SWEET DIGITAL
    ISO 感度 / 露出補正値 100 / 0.0
    露出時間/絞り 1/200 秒 / F 11.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 28.0 mm (42 mm)
    全 Exif 情報表示…


    ちょっと軟調に仕上げすぎた感がありますね。
    五重塔はなかなか質感が出てくれなくて、難しい題材なんです。

    で、Aperture 2.1で現像したもの。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 88 kB )
    Exif 情報
    モデル名 ALPHA SWEET DIGITAL
    ISO 感度 / 露出補正値 100 / 0.0
    露出時間/絞り 1/200 秒 / F 11.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 28.0 mm (42 mm)
    全 Exif 情報表示…


    こちらはやっぱり五重塔がややつぶれ気味です。
    ここら辺のさじ加減が難しいんですよねぇ。

    ただ、色ごとのコントロールはApertureのほうが単純で効果が
    はっきり出やすい気がしました。
    あと、パラメータを操作した後のプレビューのスピードも以前に
    比べると、ずいぶん速くなっているように感じました。

    あとはTIFFの読み込み速度がどうなってるかだなぁ。
    これは銀塩をスキャンした時にでも試してみたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2008/03/31 8:02 pm | Aperture 2.1 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.