• 107月

    Google謹製のスマートフォン用OS「Android」がちょっと気になって
    いたのですが、「livedroid」というCDブートのお試し版があるのを
    知ったので、試してみることにしました。

    このライブCD、x86のPCで起動できるようになっているのですが、
    CDに焼かなくても、MacのParallels Desktopで起動できるだろうと思い、
    Macで起動してみるつもりでした。

    しかし、実際にやってみると、最初のコマンドライン表示はうまくいくものの、
    GUI画面が立ち上がる段になると、画面サイズが異常に大きくなってしまい、
    うまくいきません。

    OS種別やメモリ量、VRAMサイズなど、色々試してみましたが、結局、
    うまくいく設定は見つけられませんでした。

    そこで、以前から試してみたかった「Virtual Box」のほうで試してみると、
    こちらは一発で起動できました。

    Android(1)
    Android(1) posted by (C)MacBS

    PCで起動できるとはいっても、やはりそこはスマートフォン用だなぁと
    感じるインターフェースです。

    まぁ、このあたりはカスタマイズ次第なのでしょうけれど、どことなく
    NokiaのSymbianに近い印象で、OSとしての機能はまだまだかなぁという
    印象でした。

    ブラウザもあって、ちゃんとネットにも繋がるので、一通りの感触は
    試せて、Androidの体験版としては十分です。

    Android(2)
    Android(2) posted by (C)MacBS

    GoogleからはChrome OSというものも出てくるようですが、やはり
    パソコン向けには、そちらが本命なのかも。
    まぁ、開発環境などにある程度の互換性があったりすれば、相互に
    良い影響が出てくる可能性はありますね。

    PCのブラウザはすっかりChrome派になってしまいましたが、OSも
    Googleな時代が来るのかなぁ?

    Filed under: Mac
    2009/07/10 6:17 pm | AndroidをMacで動かす はコメントを受け付けていません

Comments are closed.