• 103月

    Linuxの生みの親「リーナス・トーバルズ」氏がメインマシンとして
    Power Mac G5のDual 2GHzを使っていると、語ったんだそうで。
    ※記事の参照元は、オーストラリアのZDNetです。
    http://www.zdnet.com.au/news/0,39023165,39183867,00.htm

    とはいっても、もちろんMac OS Xを使ってるわけではなく、当然Linuxが
    動作してるようですけどね。
    仕事がらみの理由だそうですが、技術的な興味もあってとのこと。

    考えてみれば、Windows以上に多彩なOSが動作するマシンでもあるんですよね。
    Virtual PCの出来も良いですから、速度を気にしなければPC用のOSだって
    動作させられるわけですし。

    SONYとIBMが開発中のCELLプロセッサもPowerPCとコード的には互換が
    あるようですし、次期XboxもPowerPC系ですものね。
    今後は、PowerPCの知識を身に付けておくと、良いかも!?

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2005/03/10 10:57 pm | トーバルズ氏、AppleにSwitch1? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.