• 268月

    それぞれ別の方から、これまたそれぞれ異なる甘いものをいただきました。
    ひとつめはわかりやすく、完熟マンゴーです。

    たしか宮崎県産だったと思いますから、まさに本場物ですね。
    切り方もうろ覚えだったのですが、真ん中を親指の幅ほど空けて3つに切るんだったかと。
    ただ、種が扁平なので、マンゴーの向きで種が横になるとダメなことに後で気づきました。
    身の細い部分を縦にするらしいのですが、実はそれほど扁平ではないので、わかりづらいんですよねぇ。
    なんとなく適当にやりましたから、ちょっと編み目が小さめになりましたが、そこそこきれいに切れたから良しとしましょう。
    味は変わらないわけですしね。

    そして次は「嶽きみ」です。

    「嶽きみ」といってもわからない方が多いと思いますが、見ての通りのトウモロコシです。
    岩木山近くの嶽地区で栽培されたとうもろこしのことをそう呼ぶんだとか。
    糖度が18度以上と非常に高くて、生でも食べられるのが特徴だそうです。
    実際、とっても甘くて、とってもおいしかったです。

    お礼に今度は大分の品を送ろうかなぁ。
    ぼちぼち、かぼすが旬に入ってきたので、それが良いかもしれません。
    カボスは甘くはないんですけどね。

    関連エントリー:

      関連エントリーはありません。

    Filed under: Food
    2011/08/26 12:00 pm | 完熟マンゴーと嶽きみ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.