• 204月

    東京土産としてDEMELを紹介したばかりですが、それを買ってからホテルへの帰り道、写真でも撮ろうかと少し寄り道していたら、偶然にもブロンデルの前を通りかかりました。
    それならせっかくだし、ということで以前から気になっていたコンフィズリーをゲットです。

    基本的にオレンジピールにかなり近い感じですが、砂糖にしっかり漬けてあるフルーツにチョコがコーティングされたものですね。
    定番のオレンジだけでなく、パイナップルやレモンなどもあったので、今回はオレンジとレモンをチョイスです。
    レモンのほうは先日、紗羅が作ってくれたのもあって、自作の参考にもなるかなぁと。

    と言いつつ、まずはオレンジのほうをいただいてみましたが、砂糖漬けになってるだけにかなりしっかりと甘いんですが、それが逆にフルーツのフレッシュさを閉じ込めてくれていて、酸味や香りを残しつつ凝縮されたような印象です。
    それだけにフルーツの主張が強くて、本来ならほんの欠片ほどでも香り豊かなチョコを勝ってる感じですね。
    これだったらチョコのコーティングされてないバージョンも…とか思ってしまいますけど、ブロンデルはチョコレートがメインですから…。

    今回はコーヒーといっしょにいただきましたが、あとで考えてみると紅茶のほうが相性は良さそう。
    幸い、レモンはまだ残ってますからストレートのアールグレイあたりといっしょにのんびりした時間を過ごしてみたいなぁと思ってるところです。

    Filed under: Food
    2013/04/20 9:00 am | ブロンデルのコンフィズリー はコメントを受け付けていません

Comments are closed.