• 059月

    先日、噴火した浅間山周辺では、降灰でキャベツなどの野菜が
    「売り物にならない」状態になって困っているそうで。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040902it05.htm

    群馬県農業局では「収穫間際で葉に灰が付着すれば、
    売り物にならなくなる。どれだけ被害が広がるのだろうか」と心配してるとのこと。

    ところが、そのほんの数日前の8/31には、こんなニュースが。
    夏秋キャベツの価格が低迷していて、需給調整のために、
    群馬、長野、山梨の3県でキャベツの産地廃棄をしたんだとか。
    http://show.yomiuri.co.jp/photonews/photo.php?id=4449

    廃棄処分されたキャベツも、降灰で処分されるキャベツも
    なんだか報われないですね…。

    そんな中、さらに別のニュースが。
    イトーヨーカ堂が降灰被害のキャベツを95円で販売するとのこと。
    また、群馬県内の高崎高島屋は1個50円で販売するそうで。

    キャベツくんもこれで少しは報われる…
    ん?でも、キャベツの価格が低迷して困ってたのは大丈夫なの??

    Filed under: Food
    2004/09/05 1:08 pm | キャベツの悲運 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.