• 214月

    GIZMODOの記事で、Nikon I型がオークションに出ているのを知りました。

    Nikon I型といってもご存じない方が多いかもですが、ニコンが最初に作ったカメラと言って良いかと。
    それも試作段階にかなり近いシリアルナンバーで、さらに今でも完動というのがすごいですね。
    ちなみに、ニコン関連の本でライカマウントの試作機も作ったらしいというのも見たことがありますが、そっちのほうが古いのかなぁ?
    確か大分の某新聞社の方がS3Mを持ってるというのも雑誌で見かけたことがありますが、あれもかなりのものです。

    今回のI型は開始価格が7万ユーロですから、私にはとても手が届くものではありませんが、さらに上はあるもので、同じオークションに出品されてるヌルライカは開始価格が20万ユーロだそうです。

    でもまあ、どちらが欲しいかと言われたら、実用性ではNikonのほうかな。
    実用にしちゃおうというのが恐ろしい考えですが。
    以前、ジャンクでゲットしたNikon S2もとても良かったし、また使ってみたいかも。
    今度はSPあたりを探してみたいけど、さすがにジャンクはなかなか見つかりません。(^^;

    Filed under: FilmPhoto
    2011/04/21 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Ryu Says:

    私はMを持ってました,何とか使えましたが!其れを売ってLICAM3に氏ちゃいました、、NIKON Mは1型とS型の間ですね!

  • MacBS Says:

    Ryuさん、コメントありがとうございます。

    Nikon M型はフィルムの送りをちょっとライカ判に近づけたモデルでしたね。
    私もS2を手放してライカにしたんです。
    ニコンも素晴らしいカメラなんですけど、つい手放してしまいがちなのかも。
    あとになって、また使いたいなぁと思ってしまうわけなんですけどね。