• 115月

    まとめて頼んでいたネガが仕上がってきたので、気になっていた
    トイカメラの王様「LC-A」を真っ先にスキャンしてみました。

    いやぁ、もう期待通りの感じになってますね。
    DNP 400って発色が地味なほうなんですけど、アンダーに撮れることも
    あってか、LC-Aらしい雰囲気になってくれました。

    ちょっと暗いシーンだと、周辺減光というか、ケラレに近いトンネル効果も
    ちゃんと確認できました。

    でも単にトイカメラなだけじゃなく、描写力もしっかりあるんですよね。
    そのあたりがこのカメラの人気の理由かも。
    うちのはウィーンバージョンのようですが、それも良さにつながって
    いるのかもしれませんね。
    正直、一度撮ったら使わないかと思っていましたが、これならまた
    LC-Aに似合うフィルムで撮ってみたいと思わせる仕上がりでした。


    もはやトイカメラの代名詞ともなったLOMO LC-Aのウィーンバージョン。LOMO(ロモ) LC-A ロモ蔵ト…

    Filed under: FilmPhoto
    2010/05/11 9:47 pm | LOMO LC-A、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.