• 303月

    先日ゲットしたCONTAXのフィルム一眼レフ「AX」ですが、
    1本撮り終えたものの、まだ操作がわからないところが結構
    あったので、まずは取扱説明書をダウンロードしてきました。

    幸い、取説はまだ京セラのサイトからPDFでゲットすることが
    できます。
    http://www.kyocera.co.jp/prdct/optical/support/manual.html

    ただ、うちのAXにはデータバック「D-8」が付いてるんですよねぇ。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 43 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/20 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    これの操作方法が、かなり分かりづらいです。
    上の説明書には、別売りオプションですから、ちょっとだけ
    紹介されているだけですし…。

    色々調べてみると、どうやら裏蓋の内側にある「EXP.DATA IMPRINT」
    という表記のあるスイッチをONにすると、フィルムの1~2枚目に
    まとめ写しこみをするモードになって、OFFだとコマ間写しこみに
    なるみたいです。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 40 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/20 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    説明書をお持ちの方で、間違いでしたら、ぜひご指摘ください。

    ほかにも、書き込むデータ種別はMODEボタンで選べるようですが、
    インターバル撮影なんかもできるみたいですね。
    まぁ、これは使わないでしょうから、まぁ良いかなぁ。

    本体のほうもカスタムファンクションとか、結構難しい機能が
    色々満載なので、PDFは必須です。
    説明書もどこかに転がってたら、見つけてきたいなぁと思っています。

    ちなみに、本体の使い勝手は、すこぶる良い感じです。
    弁当箱とか揶揄されますが、バランスは良いですし、私には
    グリップしやすかったです。

    AF精度もバッチリだし、写真の仕上がりが楽しみです。

    《中古》CONTAX AX

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2008/03/30 8:51 pm | CONTAX AXの操作 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.