• 304月

    エイ出版社のフィルムカメラ系ムック「CAMERA magazine」の最新刊、No.19が5/10に発売になるそうで。

    今回の特集は「いま使いたい! 最高のフィルムカメラ」ということで、表紙はやっぱりこれという感じでLeica M2が飾っています。
    なお、レンズはNOKTON 50mm F1.5 Aspherical VMが装着されていて、これはもうすぐ発売の新しいレンズとのこと。
    私が以前持っていたLマウントのノクトンのレンズ構成をベースにしたものだそうで、外観は元祖フォクトレンダーのプロミネント用(一部Lマウントも出てたみたい)にソックリになってます。
    コシナさんのレンズは大変優秀だと思うのですけど、デザインだけ懐古主義的な製品がちょっと最近増えてきた印象なのが残念かな。

    それはさておき、特集のほうの中身に「テーマ別フィルムカメラ ベスト5」という記載が。
    どういう「テーマ別」なのかは本誌が出てみないとわかりませんけど、私が今まで使ったことのあるカメラに限定した私的ベスト5でも挙げてみようかと。

    MINOLTA X-1
    Nikon S2
    OLYMPUS PEN FT
    PENTAX LX
    Rollei 35

    ベスト5と言いながら順位付けはしてないんですけど、おそらく本誌に入ってくるカメラとはだいぶ違うチョイスになっていそうです。
    ミノルタのX-1がおそらく特に異質でしょうが、これはホントに良いモデルでした。
    入手性が良くないのが難点ですが、XEもかなり近いですし、これをベースにしたLeica R3に通じる「大柄だけど扱いやすい」デザインも好きです。

    Nikon S2はいわゆるライカ系ではなくてコンタックスの血筋となるモデルですが、今のニコンの原型を感じるものですし、丁寧な作りが良かったですね。
    PEN FTはハーフカメラということでパシャパシャ撮れる気楽さと、レンズ交換も楽しめる奥深さ、そしてコンパクトなサイズが良くて今でもいちばん出番が多いフィルムカメラの一つです。
    PENTAX LXもミノルタのX-1に通じるものがあって、どちらもニコンやキヤノンのプロ機に対抗しつつ、それぞれのメーカーの色を残してるところが面白いですし、LXのファインダーのキレイさはこれまた特筆ものです。

    ローライ35についてはとにかく持ち出しやすい、というところに尽きます。
    最近はどうあがいてもデジタルカメラのほうが主体になるわけで、サブで気楽にカメラバッグや時にはビジネスバッグに入れられるとなると選択肢が限られますからね。
    同じ路線だとCONTAX TやRICOH GR1シリーズ、ミノルタのTC-1(これはまだ使ったことがないけれど)あたりも今の時代だからこそオススメできるモデルでしょう。

    というわけで表紙から勝手に膨らませて書いちゃいましたが、本誌ではもっと一般的な記事が満載かと。
    いつも書いてますが、素敵な写真もたくさん載ってるので、マンネリになりがちな日常写真への刺激にも良い一冊かと思います。

    Filed under: FilmPhoto
    2013/04/30 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • StraySheep Says:

    カメラマガジン、久々で買おうかな。ETRSを手に入れて以降、銀塩比率が更に上がっている私ですw

    VoigtländerのNIKTONだと、私的には「40mm F1.4」が好みですね。鏡胴デザインは懐古趣味的ではありますけど、古いライカで使う際にも浮かない様にと考えると無難なのかも...。

    ニコンS系は私も使ってみたいカメラの一台です。ただ、ニコンSがコンタックス系と言うのは正確じゃないですね。外見はコンタックスに似ていますが、内部構造的にはライカです。シャッターボタンが背面側に寄っているのもバルナックライカの影響ですし、布幕横走りシャッターも同様。最も、コンタックスが採用する「鎧戸式縦走りシャッター」は構造が複雑で低価格化は困難です。
    一節には、カメラ製造で先行していたキヤノンがライカ互換であったので、競合を避けるためにあえてコンタックス系のマウントを採用したと言われてます。最も、コンタックスとは距離計の設計が異なるので相互にレンズ装着は可能ですが、距離計は使えなくなります。

    言ってみれば、ニコンSは「ライカとコンタックスのいいとこ取り」したカメラと言えますね。

  • MacBS Says:

    StraySheepさん、コメントありがとうございます。

    銀塩で使うならオールドレンズがたくさんあるので、なかなか新しいレンズに食指が動くことは少ないですねぇ。
    特にライカMをお使いの方はレンズもライカが多いのかなと思います。
    Lマウント時代のNOKTON 50mm F1.5自体はとても良い描写でしたけどね。

    Nikon Sシリーズの元になったI型ではニホン判だったりと、わざとライカから離れた造りにしようとしていた感があります。
    当時の技術者としても、真似と思われたくないという気持ちもきっとあったのでしょうね。

    実際にS2を使ってみるとファインダーの感じとか巻き上げの感触など、ライカMよりコンタックスのほうが近いなと感じます。
    ちなみにうちには偽コンタックスのキエフがありますが、これもまた楽しいカメラです。