• 097月

    恵安の地デジチューナー「K-DIGIBOX-V03」ですが、ようやくアンテナをつないで使える状態にしました。

    BUFFALOのDTV-S110といっしょにゲットしたんですが、寝室はアンテナ線が引き込まれてなかったので、ちょっと部材調達が遅れたんですよね。
    結局、ベランダで二分配し、エアコンの配管部分から部屋にアンテナ線を引き込みました。
    あとはチューナーで地域指定して自動チャンネル検索でセットアップ完了です。
    心配した電波強度も問題なく、K-DIGIBOX-V03の表示で77〜78%です。
    分配されたBUFFALOのほうも83(以前は87くらい)と、それほど変化は大きくありませんでした。

    前回、DTV-S110は民生用っぽい、恵安はパソコン周辺機器っぽいと見かけで書きましたが、写りのほうもやはりそういう印象です。
    接続したのが以前PCで使っていた三菱の17インチモニタということもありますが、発色がやや地味なものの、解像感はしっかりで調整しがいのある感じですね。
    雰囲気としてはm2TV+iMacの表示に近い印象です。

    解像度はD1,D2,D3に対応していて、最初はD1になっていて、「あれ?こんなものかな?」と思ったのですが、D2にしたら、やっぱりアナログテレビとは解像度が違うなぁという感じです。
    ちなみにD1の時のモニタ側の表示ではFHが31.5kHz、FVが59.9Hzでした。
    D2にすると、FHが33.7kHz(FVは変わらず)です。
    D3は三菱のモニタでは対応できないようで、ディスプレイが省電力モードになって写りません。

    D2でこれくらい良い感じなら、フルHD対応の液晶モニタと組み合わせても良いかも。
    21.5インチや24インチクラスのフルHD対応ディスプレイだったら、1万円台前半で手に入りますしね。

    使い勝手はBUFFALOのほうと、そう大きく違いはありません。
    リモコンのボタンは多少ペコペコしているものの、動作は軽快ですし、番組表もシンプルではありますが、実用上は十分です。

    唯一欠点を挙げるとすれば、電源ランプがまぶしいことかな。
    電源OFFで赤、ONの時は緑にLEDが光るんですが、ONは特に気にならないものの、オフの時の赤が…。
    寝室ということもあるかとは思いますが、とりあえず、LEDの窓の部分にビニールテープを貼って減光させています。
    ただ、すぐ隣がリモコンの受光窓っぽいので、そこは塞がないように注意が必要です。

    これで一応、我が家の地デジ化は一旦完了といったところです。
    家電量販店に行ってみた感じだと、チューナーはかなり品薄気味のようですが、テレビはそれほど売れてなかったようです。
    しばらくして落ち着いたら、さきほどのフルHDディスプレイは検討してみてもよいかなぁと思っています。

    Filed under: Electronics
    2011/07/09 6:00 pm | K-DIGIBOX-V03、ようやくセットアップ はコメントを受け付けていません

Comments are closed.