• 282月

    昨日は映画「ディア・ドクター」を観てみました。

    B002QV1H8K ディア・ドクター [DVD]
    バンダイビジュアル 2010-01-08

    by G-Tools

    少し前から見たいと思っていたんですが、ちょっとシリアスなストーリー
    なんじゃないかな?という予想で、ウィークデーに観るのは避けて、
    週末にしたいなぁということで、昨日、やっと観ることにしました。

    以前は無医村だった診療所に鶴瓶さん演じる医師が来て3年ほどが
    経った頃、瑛太さん演じる研修医がやって来るところから始まります。
    それと並行して、そこから数カ月後の捜索シーンが入り混じる展開が
    続いていきます。

    鶴瓶さんはこれが映画初主演だったそうですが、最近は俳優としても
    大活躍ですね。
    微妙な「胡散臭さ」とひととなりがこの「医師」に適役ですね。

    しかし、それ以上にすごいのが余貴美子さんの存在です。
    診療所に勤める看護師役ですが、鶴瓶さん演じる医師への微妙な距離感や
    信頼感を絶妙に演じられていらっしゃいます。

    ストーリー展開は事件発覚後と発覚前の両方が交互に進行していくので、
    なんとなく分かりつつも、ちょっと戸惑う部分もあります。
    微妙な疑問点とか矛盾(?)も感じるところはありますが、そこは書いちゃうと
    ネタバレになっちゃうので、やめておきますね。

    やや長めな映画ではありますが、病気や医療に関わったことがある身には
    考えさせられることがいっぱいありました。
    ひとつだけ言えるとしたら、命の長さも病もその人でなくてはわからない
    価値と重みがあるし、選ぶ道もその人次第、ということかな。

    ロケは常陸太田市でおこなわれたそうですが、生活や生きることの原点を
    風景とともに感じられる映画でした。

    Filed under: DVD
    2010/02/28 10:30 pm | ディア・ドクター はコメントを受け付けていません

Comments are closed.