• 306月

    ソニーのデジタル一眼「α330」が店頭に並んでいたので、触ってきました。


    デジタル一眼レフカメラ〈α330ズームレンズキット〉 DSLR-A330L ブラック

    まず触ってみると、ずいぶんコンパクトになっているなぁと感じます。
    Webなどで見ているときは前モデルと大して違わないという印象
    だったのですが、ぐぐっと凝縮した印象で、質感も両立していて、
    良い雰囲気です。

    デザインもソニーらしさがだいぶ組み込まれてきた感じで、メモリスロットの
    カバーがスライド式になっていて、ここがかなりカッコイイです。
    内容的にも、今回からSDカードが使えるようになっているので、
    そのあたりもコンパクトデジカメからの移行に良さそうです。

    チルト液晶もコンパクトなボディに良くまとめたなぁと感じます。
    ただ、全体的に細い感じで、アームや液晶への配線など、強度が弱そうに
    見えてしまって、破損や故障がちょっと心配かも。

    とはいっても、強度については見かけだけでは判断できない部分もあるかと
    思います。
    それよりも機構も簡略化されているので、縦位置に対応しないあたりのほうが
    気になる方が多いかもしれません。

    あと、前機種もそうですが、やはりファインダーの狭さが残念なところです。
    ライブビューとの切り替え機構の関係で仕方ない面もあるのでしょうが、
    接眼部分にマグニファイヤーを組み込むなど、改善策が取られると、
    さらに良いかも。

    とはいえ、この機構のおかげで実現している非常に高速でスマートな
    ライブビューはやっぱり快適です。
    AFも速いですし、常用できるライブビューはかなりオススメできるかと。

    正直、下位モデルのα230で十分じゃないかと、以前は思っていたのですが、
    これだけ使いやすいライブビューなら、こちらのモデルのほうが良いと
    思います。

    また、キットレンズはAF駆動のショックや音が多少ありますが、大きさの
    バランスも良く、お値段的にも安いので、これも良い選択肢だと思いました。

    全体的に非常に完成度が高く、二強を追いかけようと頑張ってるなぁと
    感じる出来です。
    今のシェアでは大変な部分もあると思いますが、ぜひαの血統を守っていって
    ほしいなぁと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/06/30 8:29 pm | SONY α330、触ってきました はコメントを受け付けていません

Comments are closed.