• 258月

    SONYから一眼スタイルのEマウント機「α3000」というのが登場するのでは、という噂が流れています。

    α-Aマウントをミラーレスにするという噂も以前はありましたけど、そうなるとミラーボックスの部分が単なる箱になってしまうので、それならもうEマウントにしちゃえ、ということでしょうか。
    Eマウントのレンズもだいぶ充実してきましたし、そもそもAマウントは古いレンズばかり使っていてメーカーとしては売上に貢献しないという判断もあるのかも。

    それにしてもNEXという名前ではなく、あえてαと名乗ってくるというのは意外でした。
    元々からNEXもαシリーズではあるわけですけど、ユーザーからすると覚えづらいような気もするんですけどね。
    また、α3000ということはミノルタ時代から続くα3シリーズに位置づけられるエントリークラスということでしょう。
    ただ、銀塩の頃にα5000、α7000、α9000はすでに出してるので、これまた分かりづらい命名です。
    もちろん現時点では噂レベルですから、発表時には名前が変わってる可能性もありますけどね。

    私の予想としては一眼スタイルのほうが人気な海外のみでの展開にしつつ、Aマウントユーザーの反応を見るような感じになるのではないかと。
    私自身はα37を使っていて、このα3000に惹かれる部分は薄いですが、国内では逆にα7000やα9000的な上位モデルが投入されれば人気になりそうな気はします。

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/08/25 7:00 pm | SONY α3000の噂 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.