• 101月

    海外でティザー表示されていたSIGMAですが、そのティーザーの招待が発表されました。
    「19mm F2.8 EX DN」と「30mm F2.8 EX DN」という2本のミラーレス用レンズだったんですね。

    正直、FOVEONやそれにまつわるカメラ関係かと思っていましたが、シグマの本業はやっぱりレンズなわけで、結果的にはこっちでした。
    ただ、30mmのほうはずいぶん前にモックアップの展示はあったわけで、ちょっと今さらという印象もありますけどね。

    そういうネガティブな感想はともかく、これらのレンズ、Eマウント用とマイクロフォーサーズマウント用とのこと。
    ただし、発売日や価格は未定だそうで、そうなるとモックアップとどう違うの?という、またしてもネガティブな感想が…。

    実際にはほぼ必須と思われる動画対応やコントラストAF対応など、これまでとは勝手の違う部分が多いのでしょうね。
    マウントの仕様が公開されているとは言っても、ノウハウの部分は当然秘密なわけですし。
    ただ、リニアAFモーターなど、技術的な開発は終わってる感じですから、あとは発売を待つだけといったところかと。

    個人的にはやっぱり広角な19mmのほうが気になります。
    NEXだと28.5mm相当で、パンケーキとまではいかないまでも、かなりコンパクトで使いやすそうです。
    お値段もわかりませんが、純正のSONYの30mmマクロも結構安いので、あれのスタート時の価格くらいになるのかなぁ。
    とりあえず、正式な発売を待ちたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/01/10 9:39 pm | SIGMA 19mm F2.8 EX DN はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.