• 2311月

    福岡から戻ってきてメールチェックしてみると、上海問屋さんでSDHCの16GBが日替わり特価になってるようなので、注文してみました。

    実はメールに気づいて開いた時点で在庫が1個で、カートにいれてる間に一旦売り切れたんですよね。
    それで諦めていたら、その10分くらいあとに再度確かめてみると、在庫があるではないですか。
    ということで、注文したというわけです。
    結果的に見ると諦めきれてなかったということになりますね。

    class 10ということで、おそらく少し前に注文した8GBと同じトランセンドがやってくるのではないかと予想していましたが、同じようにメーカーを伏せたものでも台湾製のノーブランドらしいものとトランセンドのがあるようです。
    確実にトランセンドのをということになると倍以上の価格ですから、そこまで欲張っても無理でしょうね。
    ただ、class 10の速度は出るようですから、届いたらまたベンチマークして記事にしてみようと思います。

    なお、最近はこういう特売がほぼ毎日、日替わりであって、今もUSBメモリが同価格で出ています。
    あと、レビューを書く指定をすると乾電池が2本もらえるので、ちょっとしたオマケですが送料分の補填にはなるかと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/11/23 2:30 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • straysheep Says:

    SDカードもSDHCの方がコスパ高いですね。私はSDHC対応のカメラは「FINEPIX Z33WP」しか持ってないのでSDHCが安くなってても買わないんですよね。それよりも、DVD-Rにバックアップを取るのに便利だからという理由でCFも4GBしか買ってないです。
    一応16GBのCFも持ってますけど、壊れてしまった「iPod mini(2nd)」のマイクロドライブと交換してあったものだったりしますし...。

    SDHCでない4GBのSDは、以前は上海問屋(トランゼンドだった)でも扱っていたのですが、現在は風見鶏(シリコンパワーです)の方だけになっているみたいですね。

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    容量あたりの価格となると、今は16GBか32GBのSDHCになりますね。
    128MBから2GBのカードは一応、各容量押さえてあるので、もう追加はしなくても良いかなぁと。
    容量はそんなに多くなくても良いのですが、class 10のスピードはやはり魅力です。

    SDカードは基本的にFAT16なので、4GBは限りなく規格外に近い存在ですね。
    かくいうSDHCも32GB上限で、SDXCにぼちぼち切り替わっていくのかもしれません。