• 159月

    Adobeの画像ワークフローソフト「Photoshop Lightroom」が2.5に
    マイナーバージョンアップしています。
    http://www.adobe.com/jp/downloads/updates/

    Adobe Photoshop Lightroom 2.0 日本語版 Windows/Macintosh版 Adobe Photoshop Lightroom 2.0 日本語版 Windows/Macintosh版

    by G-Tools

    機能的にはバグ修正程度で、対応機種が増加しているようです。
    ちなみに、新たな対応機種は以下の通りです。

    ・ニコン D300S
    ・ニコン D3000
    ・オリンパス E-P1
    ・パナソニック DMC-FZ35
    ・パナソニック DMC-GF1

    とりあえず新しい機種はカバーされた感じです。
    それにしても、RAW対応は機種ごとに違うので、大変ですねぇ。
    そろそろ各メーカーで統一フォーマットを検討するべきなんじゃないかなぁ。
    何度も書いてますが、JPEGモそろそろ限界という気もしますし。

    また、Photoshopのほうも、Camera Raw 5.5になっています。
    対応機種はLightroomと同じです。

    どちらも64bit化してほしい気もしますが、本家AppleのApertureもまだですから、
    もうしばらくかかるのかな。
    Carbonの64bitライブラリが提供されれば良いのでしょうけれど、何らかの
    意図があって、これは出ないのでしょうねぇ。

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/09/15 6:17 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    やっと、E-P1のRAWが開けるようになりました
    同じファイル形式なのにE-3とはなにが違うんでしょう?

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    RAWなので、ファイル形式は同じでもCCDと特性に合わせた
    補正処理が必要になってくるんだと思います。

    DNGも完全とはいえないですし、そもそもRAWである必要って
    それほど多くはないんですよね。
    露出の若干の補正とホワイトバランスくらいがいじれれば、
    一般的には十分かと。

    かといって、今さらTIFFというわけにもいきませんしねぇ。