• 301月

    Panasonicから新しい高倍率ズームコンパクト「DMC-TZ40」が発表されました。

    このところ、TZ10を持ち歩いてますが、TZ20、TZ30とモデルチェンジを経て、TZシリーズ8代目のようです。
    24-480mm相当の光学20倍ズームで、TZ10の25-300mm相当からはずいぶん倍率が上がってますね。
    ただ、TZ30とは同じでして、奥行きや重量が少しだけ軽くなってる程度です。

    今回の目玉はWi-FiとNFC機能の搭載みたいです。
    Wi-Fiは珍しくなくなってきていますが、NFC搭載は初めて聞いたかも。
    NFCを搭載したスマートフォンにタッチさせることで写真を転送できるそうで、NFC搭載スマホを使っていれば便利そうです。
    iPhoneを使う身としてはWi-Fiだけで十分かなぁという気もしますけど。

    TZ10にもあるGPSのほうも地図の表示やロシアのGLONASS対応など、地道に改善してるようです。
    TZ10のGPSはメリットよりも電池の減りというデメリットのほうが大きかったですからねぇ。
    これも他メーカーはスマホ側のGPSに依存する方向になってきつつありますが、パナソニックはあくまでもカメラ側でという路線みたいです。
    バッテリーの持ちは撮影枚数で300枚(TZ30で260枚)となってますし、そこそこ良さそうですが、TZ10もカタログスペックでは300枚なので、ここ次第かなという感じです。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/01/30 7:30 pm | Panasonic DMC-TZ40 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.