• 233月

    オリンパスのデジタル一眼レフ「E-620」が店頭に並んでいたので、早速、
    触ってきました。


    ◎15000円以上送料無料★☆その他のお買得セットも必見!ページ内おすすめバナーをチェック!★…

    まず、率直な感想は「E-520と、どう違うの?」というのが、第一印象です。
    しっかり内容を理解しているオリンパスユーザーさんなら、すぐに分かるのでしょうが、
    隣のE-520と、しばし見比べてしまいました。

    E-300以来、買い換えていない私としては、その違いを見た目ですぐ、明確には
    感じられなかった、というのが正直なところです。

    もちろん、使い込んでくれば色んな進化がわかるのでしょうけれど、一般層には
    分かりづらいかも。
    買い換えユーザーには着実な進化が好まれるかもしれませんが、もう少し明確な
    棲み分けをしないと、E-30以下は、どれも同じに感じるのではないかなぁ。

    実際には、フリーアングルライブビューとアートフィルターが大きな違いですね。
    また、E-510よりもコンパクトになってるようです。

    実際に使ってみると、ライブビュー周りが向上している感じがします。
    AFは精度もスピードも上がっている印象ですし、フリーアングルの液晶も
    使いやすいと思います。

    大きさに関しては、そろそろコンパクトフラッシュをやめる時期なのかもしれません。
    もちろん、xDだけではつらいですから、SD陣営に入っていく必要があるでしょうね。

    全般に、E-300やE-330あたりからの乗り換えなら良い印象ですが、それ以降の
    モデルなら、あわてて乗り換えるほどには、残念ながら思えませんでした。

    まぁ、E-3にずっと惹かれているので、少し偏見が入ってる可能性が高いですが。(^^;
    正直、E-3が安すぎるのかも。


    【送料無料!】《中古良上品》OLYMPUS E-3

    とはいえ、このコンパクトさで、ある意味、E-3を上回る機能を盛り込んであるのは
    すごいことで、それをあっさりと、やりすぎなんですよね。
    オリンパスらしい実直な機種だと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/03/23 8:42 pm | OLYMPUS E-620、触ってきました はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.